Garrett Fischbach (ギャレット・フィッシュバッハ)

ヴァイオリニスト アメリカ (United States)

Garrett Fischbach (ギャレット・フィッシュバッハ)。アメリカの男性ヴァイオリニスト。

幼い頃に父親のジェラルド・フィッシュバッハにヴァイオリンを習い、後にエレイン・リッチー(Elaine Richey)、ジョージ・ナイクルグ(George Neikrug)、ローランド・ヴァモスとアルミタ・ヴァモス、ユーリ・マズルケビッチ(Yuri Mazurkevich)、シュミュエル・アシュケナージ(Shmuel Ashkenasi)らに師事。アメリ弦楽カ四重奏団、グァルネリ四重奏団、ミュアー四重奏団、フェルメール四重奏団のメンバーから室内楽を学んだ。ボストン大学で音楽学士号(マグナ・クム・ラウデ)、ノーザンイリノイ大学で音楽修士号を取得。1996年から1998年までサンフランシスコ交響楽団、1995年から1996年まで国立交響楽団のメンバーを務め、各オーケストラでグラミー賞を受賞した録音に参加。1998年からメトロポリタン歌劇場管弦楽団のメンバーを務め、その間メトロポリタン歌劇場管弦楽団は3回のグラミー賞を受賞している。カーネギーホールで定期的に演奏し、ヨーロッパと日本をツアーし、世界中の映画館のライブ放送で出演。2004年にバッハのソロヴァイオリンの全作品のCDレコーディングをリリース。2008年から2015年までマンハッタン音楽学校の大学部門の教員、2012年にはマンハッタン音楽学校オーケストラ演奏プログラムの審査員、ジュリアード・プレカレッジの協奏曲のコンクールの審査員などを務めている。サン・バレー・アーティスト・シリーズ(Sun Valley Artist Series)、シド・アンド・マリー・フォルガー国際音楽フェスティバル(Sid&Mary Foulger International Music Festival)、チェコ共和国の国際音楽アカデミープルゼニ、オーストリアのグラーツでの国際ワークショップなど、世界的に演奏と指導を行っている。

"ギャレット・フィッシュバッハ"のおすすめCD、MP3をAmazonで購入

おすすめアーティスト

ヴァイオリニスト

A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z