Igor Pikayzen (イーゴリ・ピカイツェン)

ヴァイオリニスト ロシア (Russia) アメリカ (United States)

Igor Pikayzen (イーゴリ・ピカイツェン)。ロシアの男性ヴァイオリニスト。1987年11月16日生まれ。

伝説のソビエト人ヴァイオリニスト、ヴィクトル・ピカイツェンの孫にあたる。ロシアのモスクワに生まれた。ジュリアード音楽院で学士号、イェール音楽院で修士号とアーティスト・ディプロマを取得後、ブルックリン音楽院の教員でもあるCUNY大学院センターでDMAを取得。チリのヴィニャ・デル・マルで開催されたルイス・シガール国際ヴァイオリン・コンクール、ワルシャワのヴロンスキー国際ヴァイオリン・コンクールで優勝したほか、セリン国際コンクール、クロスター・シェンタール国際コンクールで銀メダル受賞。8歳のときにモーツァルトのヴァイオリン協奏曲第2番とモスクワ・フィルハーモニー管弦楽団で協奏曲デビューして以来、ソリストとしてヨーロッパ、アジア、南北アメリカにわたる主要オーケストラに出演している。2019-20年シーズンには、フィルハーモニカ・デ・ボカ・デル・リオ、シンフォニア・トロント、オルケスタ・シンフォニカ・デル・エスタド・デ・メキシコ、ラクロス交響楽団、オーケストラ・オブ・ザ・サザンフィンガーレイク、ジョージア国立交響楽団への出演、シカゴ、デンバー、タンパのデイム・マイラ・ヘスシリーズでのデビューリタル、そしてニューヨークの権威あるバーゲムミュージックシリーズで演奏した。これまでのソロ活動としては、ロシア国立交響楽団、モスクワ放送交響楽団、ブカレスト・フィルハーモニー、ベラクルス交響楽団、チリ国立交響楽団、バカウ・フィルハーモニカ、ビアリストク・フィルハーモニー、スタンフォード交響楽団、チェストホワ・フィルハーモニック、イズミル交響楽団、リッジフィールド交響楽団、トビリシ・オペラ管弦楽団、グルジア交響楽団、グルジア交響楽団などと共演している。横浜シンフォニエッタ、キェルツェ・フィルハーモニーをはじめ、リオール・シャンバダル、ウチュカシュ・ボロヴィッチ、ブレット・ミッチェル、ギュラー・アイカル、ダニエル・ユペール、ホバート・アール、イェジー・サルワロフスキ、ロマン・レブエルタス、エンリケ・バティス、トーマス・レスナー、ヴァフタング・マチャバリアニ、クリストファー・リンドン-キー、アレクサンダー・プラット、エミル・タバコフなど多くのアーティストと共演している。最近では、ニューヨークのカーネギーホールとアリス・タリーホール、モスクワのチャイコフスキーホールとマイナーホール、フルティヤのテアトロ・ラゴ、サンティアゴのコングレソ・ナシオナル、台北のエスライトパフォーマンスホール、アンカラのプレジデントホール、ブリュッセルのフラギーとル・ボザール、デンバーのゲイツパフォーミングアーツセンター、モントリオールのルブルジェ、メキシコシティのセントロナシオナルデラスアルティス、ロンドンのカドガンホールでデビューと再演を果たしている。スイスのヴェルビエ音楽祭やロンド音楽祭、マケドニアのオフリド・サマー音楽祭、カリフォルニアのナパヴァレー音楽祭やフェスティバル・モザイク、チリのセマナ・ミュージカル・デ・フルチャール、ラトビアのアリオン・バルト音楽祭、ジョージアのナイトセレナーデ・フェスティバル、ニューヨークのバーゲミュージックや92ストリートYなどに参加し、世界的に著名な室内楽フェスティバルやシリーズに頻繁に招かれている。レコーディングにも熱心で、そのライブ演奏や録音は、WQXR、RTVi、CPR(アメリカ)、Kultura(ロシア)、RTBF(ベルギー)、CBC(カナダ)、Radio Kultura(ポーランド)、RadioSwiss Classic(スイス)、Imedi(グルジア)、TRT3(トルコ)、Beethoven Radio(チリ)、MediciTV、ViolinChannelで放送されてきた。台北でのデビュー・リサイタルは、オープンリール方式でベルカント・ムジカーレによって録音された。ディスコグラフィーは、サン=サーンス、イザイ、パガニーニ、ヴィエニャフスキの名作を収録したデビュー・アルバム(ProArteレーベル)、グラズノフやマチャヴァリニのヴァイオリン協奏曲のライブ録音、オーキッド・クラシックでのチャイコフスキー「Souvenir de Florence」(ヨーロッパ・ロシア連帯楽団)と「On My Journey now」などがある。バリトン歌手レスター・リンチとの霊歌の録音(ペンタトーン・クラシック)もある。新しい作曲家やあまり演奏されていない作曲家の作品の録音にも取り組んでおり、アンリ・マルトー、ブラームス、エリオット・カーターのクラリネット五重奏曲の録音が2018年にナヴォナ/ナクソスから発売された。ニューヨーク、デンバー、コネチカット州ウェストポートを行き来しながら、毎年夏に開催される音楽祭「Edelio」を立ち上げた。2019年、デンバー大学ラモント音楽院の新しいヴァイオリン教授に就任することが発表された。

"イーゴリ・ピカイツェン"のおすすめCD、MP3をAmazonで購入

"イーゴリ・ピカイツェン"のおすすめYoutubeビデオ

Meet the Faculty: Igor Pikayzen, violin

Meet the Faculty: Igor Pikayzen, violin

Violinist Igor Pikayzen | VC LIVING ROOM LIVE

Violinist Igor Pikayzen | VC LIVING ROOM LIVE

Igor Pikayzen | Paganini | Caprice No. 24, Op. 1

Igor Pikayzen | Paganini | Caprice No. 24, Op. 1

N. Paganini - Violin Concerto No. 1 in D major, Op. 6

N. Paganini - Violin Concerto No. 1 in D major, Op. 6

Paganini Caprice #4 Igor Pikayzen

Paganini Caprice #4 Igor Pikayzen

Igor Pikayzen plays Mendelssohn-Burmester "Midsummer Night's Dream"

Igor Pikayzen plays Mendelssohn-Burmester "Midsummer Night's Dream"

Pikayzen plays Ernst

Pikayzen plays Ernst

Wieniawski Polonaise D-Major, Pikayzen

Wieniawski Polonaise D-Major, Pikayzen

Igor Pikayzen, Paganini Caprice 23

Igor Pikayzen, Paganini Caprice 23

Igor Pikayzen plays Ysaÿe: Caprice d'après l'Etude en forme de valse de Saint-Saëns

Igor Pikayzen plays Ysaÿe: Caprice d'après l'Etude en forme de valse de Saint-Saëns

.....7° Concurso Internacional de Violín "HENRYK SZERYNG"

.....7° Concurso Internacional de Violín "HENRYK SZERYNG"

コメント

おすすめアーティスト

official

ヴァイオリニスト

A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z