Alexander Skwortsow (アレクサンダー・スコルツォウ)

ヴァイオリニスト ロシア (Russia)

Alexander Skwortsow (アレクサンダー・スコルツォウ)。ロシアの男性ヴァイオリニスト。1944年生まれ。2010年11月24日没。

シベリアのノボシビルスクで生まれた。ピアノを始めたがあまり熱心ではなかった。コンサートピアニストである母親は、6歳の息子に教え始め、4年間、彼のレッスンと練習を監督した。ノボシビルスクのフィルハーモニアホールでジプシーのグループが演奏しているときに客席にいて、伝説のヴァイオリニスト、ダヴィド・オイストラフの演奏を聴いて以来、ヴァイオリンに転向した。10歳でノボシビルスクの名門ヴァイオリン学校に入学し、16歳でノボシビルスク・フィルハーモニー管弦楽団と初のソロコンサートを行った(ヴィエニャフスキのバイオリン協奏曲第1番とヴュータンの第4番)。民族音楽に強い関心を持ち、19歳のときにはロシアの北方の地方に遠征して、民族の音楽を録音して紙に書き写したといわれる。ノボシビルスク・フィルハーモニックで演奏した後、レニングラード音楽院の指揮科とオーケストラ・ソリスト・マスタークラスに正規の学生として入学し、音楽家として成長していった。弦楽四重奏団に招かれ、ヴァイオリンの他に指揮も学んだ。 22歳でレニングラード・フィルハーモニー管弦楽団に入団し、伝統的でアカデミックなレパートリーを得意とするボリス・セルゲイフ教授と、ヴィルトゥオージックなヴァイオリン作品を得意とするモスクワのボリス・ゴールドスタイン教授という、2人の優れたヴァイオリン教師に師事した。1977年にオランダに移住し、ロッテルダム・フィルハーモニー管弦楽団の第一ヴァイオリン奏者、ロッテルダム弦楽四重奏団の第一ヴァイオリン奏者となる。1982年、ロッテルダム・フィルの数シーズンにわたる成功の後、ドイツのルーベッカー・フィルハーモニー管弦楽団の第1コンサートマスターに招かれる。1982年から1987年にかけて、バッハやモーツァルトの演奏をはじめとするソロ演奏やリサイタルで高い評価を得た。1987年、バンクーバー交響楽団は、当時倒産の危機にあった同楽団の第一コンサートマスターにスクウォーツーを招聘した。 1990年にはオランダに戻り、ソロ活動とレコーディングに専念した。フランス、アメリカ、ポルトガル、モンテカルロ、日本などでツアーを行い、高い評価を得た。2010年11月24日にオランダのヒルバーサムで亡くなった。

"アレクサンダー・スコルツォウ"のおすすめCD、MP3をAmazonで購入

"アレクサンダー・スコルツォウ"のおすすめYoutubeビデオ

Bach - Sonata 1 (violin solo)

Bach - Sonata 1 (violin solo)

Alexander Skwortsow - Bach

Alexander Skwortsow - Bach

Brahms - Hungarian Dance #2

Brahms - Hungarian Dance #2

F. Chopin's Nocturne in C-sharp (Alexander Skwortsow)

F. Chopin's Nocturne in C-sharp (Alexander Skwortsow)

Serenade       Alexander Skwortsow

Serenade Alexander Skwortsow

コメント

おすすめアーティスト

ヴァイオリニスト

A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z