Fyodor Druzhinin (フョードル・ドルジーニン)

ヴィオリスト ロシア (Russia)

Fyodor Druzhinin (フョードル・ドルジーニン)。ロシアの男性ヴィオリスト。1932年4月6日生まれ。2007年7月1日没。

1944年から1950年まで、モスクワ中央音楽学校、1950年から1957年までモスクワ音楽院でヴァディム・ボリソフスキーにヴィオラを師事した。1957年に全ソ連音楽コンクールで第1位を受賞。1964年にベートーヴェン四重奏団のヴィオリストとして、ボリソフスキーの跡を継いだ。1980年よりモスクワ音楽院のヴィオラ部門のトップを務めた。教え子にはユーリ・バシュメット、ユーリ・ツカノフ、アレクサンダー・ボブロフスキーらがいる。ヴィオラのための作品をいくつか作曲していおり、代表作に「Fantasia for Viola and Orchestra」がある。ショスタコーヴィチはドルジーニンのためにヴィオラとピアノのためのソナタを作曲している。他にロマン・レデニョフ(Roman Ledenyov)、グレゴリー・フリード(Grigory Frid)からも作品の献呈を受けている。1988年にロシア人民芸術家に選出された。2001年に、作曲家のショスタコーヴィチ、シュニトケ、ストラヴィンスキー、ピアニストのマリア・ユーディナ、詩人のアンナ・アフマートヴァ、ベートーヴェン四重奏団のメンバーとの思い出をつづった本を出版している。

"フョードル・ドルジーニン"のおすすめCD、MP3をAmazonで購入

"フョードル・ドルジーニン"のおすすめYoutubeビデオ

Fyodor Druzhinin: Sonata for Solo Viola (1959) - III Adagio quasi Lento

Fyodor Druzhinin: Sonata for Solo Viola (1959) - III Adagio quasi Lento

Ф.Дружинин Дуэт для 2 альтов  Ю.Тканов, М.Ковальков/F.Druzhinin Sinfonia a due for 2 Violas

Ф.Дружинин Дуэт для 2 альтов Ю.Тканов, М.Ковальков/F.Druzhinin Sinfonia a due for 2 Violas

Shostakovich: Sonata for Viola and Piano in C Major, Op. 147 - I Moderato

Shostakovich: Sonata for Viola and Piano in C Major, Op. 147 - I Moderato

Fyodor Druzhinin: Sonata for Solo Viola (1959) - II Vivace

Fyodor Druzhinin: Sonata for Solo Viola (1959) - II Vivace

Fyodor Druzhinin: Sonata for Solo Viola (1959) - IV Maestoso. Allegro risoluto

Fyodor Druzhinin: Sonata for Solo Viola (1959) - IV Maestoso. Allegro risoluto

Fyodor Druzhinin: Sonata for Solo Viola (1959) - I Largamente

Fyodor Druzhinin: Sonata for Solo Viola (1959) - I Largamente

Fyodor Druzhinin - Anton Rubinstein viola sonata in F op 49 3rd movement Melodya 1977

Fyodor Druzhinin - Anton Rubinstein viola sonata in F op 49 3rd movement Melodya 1977

Glinka Sonata for Viola and Piano (Druzhinin & Muntyan)

Glinka Sonata for Viola and Piano (Druzhinin & Muntyan)

おすすめアーティスト

ヴィオリスト

A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z