Cecee Pantikian (せーシー・パンンチキアン)

ヴァイオリニスト アメリカ (United States)

Cecee Pantikian (せーシー・パンンチキアン)。アメリカの女性ヴァイオリニスト。

ピンカス・ズーカーマン、グレン・ディクテロウ、リサ・キム、パチンカ・コペック、アルバート・マルコフの各氏に師事。マンハッタン音楽学校でオーケストラ演奏の学士号、修士号、プロフェッショナル・スタディ・サーティフィケートを取得。現在は、ニューヨークを拠点に活動中。2016年以降、ブロードウェイでも「アラジン」、「ハロー・ドリー」、「スポンジ・ボブ」、「キス・ミー・ケイト」に代役として出演し、2018年と2019年のホリデーシーズンには「ラジオ・シティ・クリスマス・スペクタキュラー」の第1バイオリン・メンバーとして出演している。また、イリノイ州交響楽団ではゲストコンサートマスターを務め、ドミトリー・ベルリンスキー指揮のインターナショナル・チェンバー・ソロイスツでは第2ヴァイオリンの主席を務めた。2020年9月にピッツバーグ交響楽団に入団。音楽監督ガボール・タカクス・ナギー率いるヴェルビエ・フェスティバル室内管弦楽団、シャルル・デュトワ指揮のヴェルビエ・フェスティバル・オーケストラともツアーを行っている。アートスフィア・フェスティバル・オーケストラのアソシエート・コンサートマスター、サンバレー・サマー・フェスティバルの第1ヴァイオリン、フィルハーモニック・オーケストラ・オブ・ジ・アメリカズのアソシエイト・コンサートマスターも務めている。2018年からグリマーグラス・フェスティバル・オーケストラのメンバーとしても活躍。2003年、デビッド・ギルバートの指揮のもと、ニューヨークのシニア・コンサート・オーケストラとハチャトゥリアンのヴァイオリン協奏曲を演奏して、カーネギーホールのアイザック・スターン・オーディトリアムでデビュー。また、ソフィア・フィルハーモニック・オーケストラ(ブラームスのヴァイオリン協奏曲、モーツァルトのシンフォニア・コンチェルタンテ)、チェルシー交響楽団、ボーズマン交響楽団(コヌスのヴァイオリン協奏曲)、マンハッタン・スクール・オブ・ミュージック・フィルハーモニック・オーケストラ、ムジカ・ベッラ・オーケストラ(シベリウスのヴァイオリン協奏曲、交響曲)などのオーケストラと共演している。カナダ国立芸術センターのピンカス・ズーカーマンのヤング・アーティスト・プログラム、イツァーク・パールマンの室内楽プログラム、ヴェルビエ・フェスティバル、アートスフィア・フェスティバル、宮崎音楽祭など、数多くの著名なフェスティバルやアカデミーに参加している。

"せーシー・パンンチキアン"のおすすめYoutubeビデオ

Mozart Sinfonia Concertante K.364,part2 Cecee Pantikian vioin,Horváth Béla viola,

Mozart Sinfonia Concertante K.364,part2 Cecee Pantikian vioin,Horváth Béla viola,

Beethoven 6 1st mov

Beethoven 6 1st mov

Cecee Pantikian and David Lisker and Wieniawski Scherzo Tarantella

Cecee Pantikian and David Lisker and Wieniawski Scherzo Tarantella

Mozart Sinfonia Concertante K.364.part1, Cecee Pantikian violin, Horváth Béla viola

Mozart Sinfonia Concertante K.364.part1, Cecee Pantikian violin, Horváth Béla viola

Janacek 2nd mov

Janacek 2nd mov

コメント

おすすめアーティスト

ヴァイオリニスト

A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z