Emmanuella Reiter (エマニュエラ・ライター)

ヴィオリスト イスラエル (Israel)

Emmanuella Reiter (エマニュエラ・ライター)。イスラエルの女性ヴィオリスト。

エルサレムの音楽家の家庭に生まれた。幼い頃から父親のもとで音楽の勉強を始め、フランスのニース国立地方音楽院でヴァイオリンとピアノのレッスンを受けた後、アメリカのケンブリッジにあるロンギー音楽院に入学。2001年1月、ヴィオラへの情熱に目覚め、ボストンにあるニューイングランド音楽院のキム・カシュカシアンのクラスに入学し、学士号と修士号を取得した。室内楽にも熱心に取り組み、受賞歴のある弦楽四重奏団のメンバーとして、フランス・ヘルメルソン、ロジャー・タッピング、イダ・ヘンデル、ピーター・フランクル、マリー・ピエール・ラングメ、Jean Sulemなどの国際的に著名なアーティストと共演している。 協奏曲のソリストとしては、イギリス、イタリア、フランス、アメリカのオーケストラと共演している。Centaur、Arsis、Hessischer Rundfunk、Jigsaw Live、Terezin Music Anthologyなどに録音し、ボストンのWGBHクラシック音楽ラジオにも出演。2008年には「ジグソー・プレイヤーズ・コンサート・シリーズ」を立ち上げ、ウィンブルドンやマートン地区で、質の高い室内楽やジャズのコンサート、また教育プロジェクトを提供している。ロンドンのほとんどの主要オーケストラ(ロンドン交響楽団、BBC交響楽団、フィルハーモニア、イングリッシュ・ナショナル・オペラ、英国室内管弦楽団、ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団)と共演している。ロンドン・フィルハーモニック・オーケストラのメンバーとして8年以上活動した後、2017年にロイヤル・オペラ・ハウス、コヴェント・ガーデンのオーケストラに参加。ボストンのニューイングランド音楽院では、キム・カシュカシアンのティーチングアシスタントを3年以上務めた。その後、バーミンガム音楽院でヴィオラの客員講師を務め、英国王立音楽院のジュニア部門とシニア部門、ロイヤル音楽大学にも客員講師として参加している。パリ国立高等音楽院、イーストマン音楽院、ニューイングランド音楽院のマスタークラスにも招かれている。2013年から2020年まで、トリニティ・ラバン音楽舞踊学校でヴィオラと室内楽の教授を務めた。

"エマニュエラ・ライター"のおすすめYoutubeビデオ

Prokofiev, Romeo and Juliet (Borisowski arrangement) - Young Juliet

Prokofiev, Romeo and Juliet (Borisowski arrangement) - Young Juliet

Prokovief, Romeo and Juliet (Borisowski arrangement) - Mercutio

Prokovief, Romeo and Juliet (Borisowski arrangement) - Mercutio

Bienvenue a l'orchestre philharmonique de londres

Bienvenue a l'orchestre philharmonique de londres

Concert Cloître Musique de chambre 08/13/2014

Concert Cloître Musique de chambre 08/13/2014

Concert Cloître Musique de chambre 08/14/2014

Concert Cloître Musique de chambre 08/14/2014

おすすめアーティスト

ヴィオリスト

A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z