Michaela Paetsch Neftel (ミハエラ・パエッツチ)

ヴァイオリニスト アメリカ (United States)

Michaela Paetsch Neftel (ミハエラ・パエッツチ)。アメリカの女性ヴァイオリニスト。1961年11月12日生まれ。

日本語では、ミカエラ・パエチュと表記されることもある。コロラド・スプリングスで両親、2人の姉妹、4人の兄弟という音楽家の大家族の中で育った。3歳の頃から両親のプリシラ・パエッツチとグンター・ペッチに、その後メドウマウントでイヴァン・ガラミアンに、さらにイェール大学とカーティス音楽院でサイモン・ゴールドバーグに師事した。11歳の時にメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲でソリストとしてデビュー。以来、ソリスト、リサイタル、室内楽奏者として、ニューヨークのカーネギー・ホール、エイブリー・フィッシャー・ホール、ワシントンの国会図書館など、世界の主要な音楽の中心地で演奏を行っている。また、マルボロ、東京、ダボス、ベルリン(ブランデンブルク・サマー・コンサート)、バンフ、ボルダー、そしてニューヨークの「モーストリー・モーツァルト」などの主要なフェスティバルでも演奏している。また、ソリストとして、NHK交響楽団、大阪、日本、ソウル、リエージュ、ベルゲンの各フィルハーモニー管弦楽団、ベルギー国立管弦楽団、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス、フランクフルト放送交響楽団、レジデンティ管弦楽団、スイス・ロマンド管弦楽団、BBC交響楽団などに招かれている。また、ケント・ナガノ、ディミトリー・キタジェンコ、ホルスト・シュタイン、チョン・ミョンフンら著名な指揮者と共演している。ソリストとしても、BBC交響楽団(ロンドン)、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団(ドイツ)、NHK交響楽団(東京)、ハレ管弦楽団(マンチェスター)、スイス・ロマンド管弦楽団(モントリオール)などと共演し、国際的に高い評価を得ている。ダラスのG.B.ディーリー国際コンクールで第1位、1985年のエリザベート王妃国際ヴァイオリンコンクールで第9位、チャイコフスキー国際ヴァイオリンコンクールで入賞するなど、数多くの賞を受賞している。1993年よりカルテット「アンサンブル・インカント」のヴァイオリニストとして活動しており、ツアーやレコーディングに参加している。録音では、パガニーニの「24のカプリース」が高く評価されている。また、バンベルク交響楽団との共演でヨアヒム・ラフの協奏曲を録音している。スイスのベルンに在住。

"ミハエラ・パエッツチ"のおすすめCD、MP3をAmazonで購入

"ミハエラ・パエッツチ"のおすすめYoutubeビデオ

Ralph Menno, Alfredo Perl & Michaela Paetsch Neftel - Brahms: Klarinet Kentet & Piyano Kentet

Ralph Menno, Alfredo Perl & Michaela Paetsch Neftel - Brahms: Klarinet Kentet & Piyano Kentet

Carmen Fantasy

Carmen Fantasy

Dmitri N. Smirnov: Canisy-Variations

Dmitri N. Smirnov: Canisy-Variations

Oleg Lips ( Akkordeon ) & Michaela Paetsch ( Violin )  Carmen Fanasy. G.Biset-P. Sarasate

Oleg Lips ( Akkordeon ) & Michaela Paetsch ( Violin ) Carmen Fanasy. G.Biset-P. Sarasate

おすすめアーティスト

other

ヴァイオリニスト

A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z