Gil Morgenstern (ギル・モルゲンスターン)

ヴァイオリニスト アメリカ (United States)

Gil Morgenstern (ギル・モルゲンスターン)。アメリカの男性ヴァイオリニスト。1954年生まれ。

ニュージャージー州のニューブランズウィックで生まれ、エジソンで育った。5歳でヴァイオリンを始め、ダニエル・シューマン、サミュエル・アップルバウムに師事し、定期的に演奏活動を行っていた。13歳でジュリアード音楽院のプレカレッジ部門でイヴァン・ガラミアンに師事し、高校卒業後に同音楽院に入学した。1973年、ワシントン国際コンクールのヴァイオリン部門で第1位を獲得した。1976年、スペイン国王ファン・カルロス1世の晩餐会でホワイトハウスで演奏。ロンドン、香港、ローマ、パリ、台湾など、国際的に活躍している。これまでにセントルイス交響楽団、ボルチモア交響楽団、ルイビル交響楽団、インディアナポリス交響楽団、デンバー交響楽団、ミルウォーキー交響楽団、ニュージャージー交響楽団、ノースカロライナ交響楽団などと共演している。また、リン・ハレル、フィリップ・アントルモン、アンドレ・ミッシェル・シューブ、ジェフリー・カハネ、シャロン・イスビン、ハインツ・ホリガー、米国詩人賞受賞者のロバート・ピンスキー、ピューリッツァー賞受賞者のユーセフ・コムニヤカー、パフォーマンス・アーティストのローリー・アンダーソンなどのミュージシャンとも共演している。ヴァイオリニストとだけではなく、リンカーン・センター、92nd Street Y、ハーバード大学などで学際的なパフォーマンスを行ってきた。1990年代初頭には、ノースカロライナ州ブーンで開催された「An Appalachian Summer Festival」の芸術監督に就任し、ハーバード大学のロバート・スカンラン教授がロバート・ピンスキーの翻訳を用いて、ブルース・セイラーのオリジナル音楽でダンテの『インフェルノ』を演出するなど、開発中の新作の発表の場を提供した。2006年、モーゲンスターンはアナ・アパラチアン・フェスティバルの芸術監督を退任したが、室内楽シリーズで演奏するなど、アーティストとしての活動は続けている。作家のジョナサン・リーヴァイとともに、1999年にナイン・サークルズ・チェンバー・シアターを設立した。ソロや室内楽を異なる芸術分野と並置した学際的なコンサートを開催する非営利団体、リフレクションズ・シリーズ・インターナショナルも創設した。

"ギル・モルゲンスターン"のおすすめCD、MP3をAmazonで購入

"ギル・モルゲンスターン"のおすすめYoutubeビデオ

Gil Morgenstern's Reflections Series International - Stravinsky's Suite Italienne for Violin & Piano

Gil Morgenstern's Reflections Series International - Stravinsky's Suite Italienne for Violin & Piano

Gil Morgenstern: Bach "Gavotte en Rondeau" with audio visualization

Gil Morgenstern: Bach "Gavotte en Rondeau" with audio visualization

おすすめアーティスト

official

ヴァイオリニスト

A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z