Alma Olite (アルマ・オリテ)

ヴァイオリニスト スペイン (Spain)

Alma Olite (アルマ・オリテ)。スペインの女性ヴァイオリニスト。

8歳より公開コンサートを開き、ソリストや室内楽奏者として、ヨーロッパ、ラテンアメリカ、カナダの数カ国でコンサートを行ってきた。2005年から2011年にかけて、マドリッドのソフィア音楽院に入学し、ザハール・ブロンと彼のアシスタントであるユーリ・ヴォルギンに師事した後、サラゴサでヴァレリー・ガザリアンに師事。マドリッドでの留学中、ザハール・ブロンの講座の最も優秀な生徒として、スペインのソフィア王妃から表彰された。また、アルベニス・カルテットの第1ヴァイオリンとして、ライナー・シュミット、アラスデア・テイト、ハイメ・ミュラーの各氏のもとで、3年間にわたり最も優れた弦楽四重奏団として表彰されたこともある。また、アルバン・ベルク・カルテットの全メンバー、ワルター・レヴィン、メナヘム・プレスラー、フェレンツ・ラドスなどと共演。2011年から2013年にかけて、チューリッヒ芸術大学でザハール・ブロンのもと、ソリスト演奏の修士課程を修了。国内外のヴァイオリン・コンクールに参加し、ヴィラ・デ・サロウ・コンクールで第1位、テオドロ・バッロ・コンクールで第1位、フベントゥデス・ミュージカルス・デ・エスパーニャで第2位、ヴィエニャフスキ・リピンスキ国際コンクールで銅メダルを受賞。2013年と2014年には、ロンドンのジュビリー・カルテットのメンバーとして活躍。ポーランドで開催されたカロル・シマノフスキ国際カルテットコンクールで第2位を受賞。マドリッドのカマラ音楽院でギュンター・ピヒラーに、バーゼル音楽大学でライナー・シュミットに師事し、ベルセア・カルテットの指導も受けた。現代音楽を専門とするサラゴサ公会堂のレジデントグループ「バヨナ・アンサンブル」の第1ヴァイオリンを務めるなど、20世紀および21世紀の音楽を熱心に演奏している。2011年には、作曲家アントニオ・バレスティンが彼女のために作曲したヴァイオリン・ソロ曲「Nosferatu」を世界初演した。2019/20年度は、アラゴン高等音楽院の高等科のヴァイオリン教師を務めた。2020年10月からは、マドリッド王立高等音楽院、ソフィア王妃芸術高等学校の「サマーキャンプ」で教鞭をとっている

"アルマ・オリテ"のおすすめYoutubeビデオ

Alma Olite and Denis Lossev play Brahms Sonata Nº 1 - ( I Vivace, ma non troppo)

Alma Olite and Denis Lossev play Brahms Sonata Nº 1 - ( I Vivace, ma non troppo)

Alma Olite and Vadim Gladkov play Falla (Nana and Polo)

Alma Olite and Vadim Gladkov play Falla (Nana and Polo)

Alma Olite and Vadim Gladkov (Brahms Sonata Nº 3 - 2º mov)

Alma Olite and Vadim Gladkov (Brahms Sonata Nº 3 - 2º mov)

Alma Olite and Denis Lossev play Franck (Sonata en La M - II. Allegro).mp4

Alma Olite and Denis Lossev play Franck (Sonata en La M - II. Allegro).mp4

Alma Olite and Denis Lossev play Prokofiev (Sonata nº 2 op. 94bis - II. Scherzo).mp4

Alma Olite and Denis Lossev play Prokofiev (Sonata nº 2 op. 94bis - II. Scherzo).mp4

Antonio Ballestín - "NOSFERATU" for violin solo, dedicated to Alma Olite.

Antonio Ballestín - "NOSFERATU" for violin solo, dedicated to Alma Olite.

おすすめアーティスト

official

ヴァイオリニスト

A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z