Lucja Madziar (ウツィア・マジアー)

ヴァイオリニスト ポーランド (Poland) ドイツ (Germany)

Lucja Madziar (ウツィア・マジアー)。ポーランドの女性ヴァイオリニスト。

ポーランドで生まれ、フレデリック・ショパンやカロル・シマノフスキなどの作曲家ら母国の音楽から影響を受けた。ポーランドでヴァイオリンを学んだ後、ロストックでペトル・ムンテアヌに、グラーツでシルヴィア・マルコヴィチに師事した。また、アイダ・ヘンデルやシュロモ・ミンツなどの芸術家からも大きな影響を受けている。ザグレブで開催されたVaclav Huml国際ヴァイオリン・コンペティションで優勝、ウィーンで開催されたFritz Kreisler国際ヴァイオリン・コンペティションで入賞。また、傑出した業績に対してDAAD賞を受賞し、若い芸術家のためのアアルト賞も授与されています。 ハンブルクのライスハレでデビューして以来、ソリストとして、エッセン・フィルハーモニー管弦楽団、ニーダーザクセン州立ハノーファー管弦楽団、ヴュルテンベルク室内管弦楽団ハイルブロン、フォルクヴァング室内管弦楽団エッセンなどのオーケストラと定期的に共演している。共演した指揮者には、シュテファン・ソルテス、イヴァン・レピュッシュ、ヨーグ・ファールバー、カレン・カメンセク、アレクサンダー・ジョエル、パヴェル・バレフなどがいる。2006年からはコンサートマスターとしても活躍しており、現在、ベルリン・ドイツ・オペラの第1コンサートマスターを務め、2010年からはハノーファー・ニーダーザクセン州立管弦楽団の第1コンサートマスターを務めている。2006年から2010年までは、エッセン・フィルハーモニー管弦楽団のコンサートマスターを務め、2015/16シーズンはミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団のコンサートマスターを務めた。また、ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団、ミュンヘン・バイエルン・シュターツカペレ、ベルリン・シュターツカペレ、ケルン・ゲルツェニヒ管弦楽団、ケルンWDR放送管弦楽団、ハノーファーNDR放送管弦楽団など、ドイツ国内外のほとんどの一流オーケストラに第1コンサートマスターとして定期的に客演している。ズビン・メータ、ワレリー・ゲルギエフ、キリル・ペトレンコ、シモーネ・ヤング、サー・ロジャー・ノリントン、ローレンス・フォスター、トーマス・ヘンゲルブロック、クシシュトフ・ウルバンスキ、アンドレイ・ボレイコなどの指揮者のもと、フランクフルト美術館管弦楽団、マンハイマー・シュターツヘアー、ドルトムント・フィルハーモニー管弦楽団、ボフマー交響楽団、ドイツ・オペラなどに参加している。室内楽奏者として、ボン・ベートーヴェンフェスト、メクレンブルク・フォアポンメルン音楽祭、ボウドイン夏の音楽祭、グラーツのシュティアルテ、ワルシャワのパデレフスキ音楽祭、ミッテ・ヨーロッパ音楽祭、ヘレンハウゼン音楽祭など、ヨーロッパや北米の音楽祭でリサイタルを行っている。2012年には、ピアニストのカタリーナ・セルハイム、チェリストのヨハネス・クレブスとともに「クラヴィアトリオ・ハノーファー」を結成し、ドイツ国内で数多くのコンサートを行った。

"ウツィア・マジアー"のおすすめYoutubeビデオ

Piano Trio in G minor op. 15, B. SMETANA, 3. mov.

Piano Trio in G minor op. 15, B. SMETANA, 3. mov.

W.A. Mozart - Oboe Quartet in F Major K. 370

W.A. Mozart - Oboe Quartet in F Major K. 370

Duo Madziar - Sellheim am 15.05.2016. Sonaten von Janáček, Ravel, Szymanowski

Duo Madziar - Sellheim am 15.05.2016. Sonaten von Janáček, Ravel, Szymanowski

Sergei Rachmaninoff - Trio Èlègiaque No.1 in G minor

Sergei Rachmaninoff - Trio Èlègiaque No.1 in G minor

コメント

おすすめアーティスト

officialother

ヴァイオリニスト

A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z