Wolfgang Schroeder (ウォルフガング・シュレーダー)

ヴァイオリニスト ドイツ (Germany)

Wolfgang Schroeder (ウォルフガング・シュレーダー)。ドイツの男性ヴァイオリニスト。

1980年、アナ・チュマチェンコに出会い、ヴァイオリニストとして大きく成長した。17歳のとき、ドイツ国内のコンクール「Jugend musiziert」で優勝し、その後、国際メニューイン音楽アカデミー(IMMA)の奨学金を得た。ユーディ・メニューインやアルベルト・ライシーと共演し、ソリストや室内楽奏者としてヨーロッパ各国(ロンドンのバービカン・センター)や南米(ブエノスアイレスのコロン劇場)などで演奏している。IMMAを卒業後、ザルツブルグのモーツァルテウム音楽大学でサンドール・ヴェーグに師事し、その後、ニューヨークのマネス音楽院でアーロン・ローザンドに師事した。ソロ活動では、バイエルン室内フィルハーモニー管弦楽団、ミュンヒナー・フィルハーモニー管弦楽団、シュトゥットガルト・フィルハーモニー管弦楽団、チェコ交響楽団、タリッチ室内管弦楽団、ポーランド室内フィルハーモニー管弦楽団、バーゼル室内管弦楽団、ルービンシュタイン・フィルハーモニー・ウッチ、ザルツブルク室内フィルハーモニー管弦楽団、カメラータ・ザルツブルク、ニュルンベルク交響楽団、カイロ交響楽団、イスラエル・ソリスト・アンサンブル、アテネ国立管弦楽団などと共演している。また、1993年から1995年まで欧州共同体室内管弦楽団(ECCO)の芸術監督を務めた。ウラディーミル・アシュケナージ、アンドレイ・ボレイコ、ダニエル・ライスキン、シモン・ゴーデンツなどの指揮者とも共演いている。室内楽奏者としても活躍しており、1992年にはベルカント・ストリング・トリオを結成し、1996年から2005年まではトリオ・パルナッソスのヴァイオリニストとして定期的に演奏している。2001年9月、ロベルト・シューマンのピアノ・トリオの全曲録音でエコー・クラシック賞を受賞した。ベルリンのフィルハーモニー、アムステルダムのコンセルトヘボウ、ウィーンのコンツェルトハウス、ニューヨークのリンカーン・センターの「グレート・パフォーマー・シリーズ」、ニューヨークのフリック・コレクション美術館、ロンドンのウィグモア・ホールの「マスターズ・シリーズ」、ロンドンのバービカン・ホール、アテネのメガロン・ムジキス、ブエノスアイレスのテアトロ・コロンなどの音楽センターで演奏している。室内楽では、ヴェンツェル・フックス、エドゥアルド・ブルナー、チャールズ・ナイディック、ウラディミール・メンデルスゾーン、ベンジャミン・シュミット、アレックス・カール、シプリアン・カツァリス、ジュリアン・ラクリン、ジャニン・ヤンセン、ダニエル・ライスキン、ラモン・ヤフ、レヴォン・チリンリリアン、グスタフ・リヴィニウスなどのアーティストと共演している。1998年からは、カメラータ・シュトゥットガルトの芸術監督を務めている。カメラータ・シュトゥットガルトとの共演は、アムステルダム・コンセルトヘボウ、アテネ・メガロン音楽ホール、シュトゥットガルト・リートハレ、ドルトムント・オペラハウスなどの一流コンサートホールで行われている。ヴォルフガング・シュレーダーは、MDG、Divox、Ars Production、Thorofon、Symicon、CPOなどのレーベルに録音している。2005年1月からはキプロス交響楽団のコンサートマスターを務める。2012年に結婚し、現在はキプロスのニコシア在住。

"ウォルフガング・シュレーダー"のおすすめCD、MP3をAmazonで購入

"ウォルフガング・シュレーダー"のおすすめYoutubeビデオ

Beethoven Violin Concerto - Wolfgang Schroeder

Beethoven Violin Concerto - Wolfgang Schroeder

おすすめアーティスト

ヴァイオリニスト

A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z