Juliette Kang (ジュリエット・カン)

ヴァイオリニスト カナダ (Canada)

Juliette Kang (ジュリエット・カン)。カナダの女性ヴァイオリニスト。1975年9月6日生まれ。

アルバータ州エドモントン出身。 両親は(父親は都市計画家、母親はピアノ教師)韓国からカナダに移住してきた。4歳のときにヴァイオリンを習い始め、すぐにエドモントン交響楽団のコンサートマスター、ジェームス・キーンに師事した。7歳のときにモントリオールで協奏曲デビュー。9歳でフィラデルフィアのカーティス音楽院への奨学金を受け、ヤッシャ・ブロツキーに師事。1991年に音楽学士号を取得。その後、ジュリアード音楽院でドロシー・デレイに師事し、1993年に修士号を取得。ロバート・マンにも師事した。1989年にニューヨークのヤング・コンサート・アーティスト国際オーディション(13歳で最年少受賞)、1992年にパリで開催された若手ヴァイオリニストのためのユーディ・メニューイン国際コンクール、1992年にはフィラデルフィア・オーケストラ学生コンクール、1994年にはインディペンデンス国際ヴァイオリンコンクールで最優秀賞を獲得。1996年にカーネギーホールでリサイタルデビューを果たした。ソリストとして、カナダのモントリオール交響楽団、バンクーバー交響楽団、トロント交響楽団、アメリカのインディアナポリス交響楽団、ボルチモア交響楽団、サンフランシスコ交響楽団などのオーケストラと共演してきた。1999年、ケネディ・センター・オペラ・オーケストラに首席第2ヴァイオリンとして入団。 2001年から2003年までメトロポリタン・オペラ・オーケストラで第1ヴァイオリンを務め、2003年からボストン交響楽団でアシスタント・コンサートマスターを務めた。2005年にフィラデルフィア・オーケストラに第1副コンサートマスターとして加わった。

"ジュリエット・カン"のおすすめCD、MP3をAmazonで購入

"ジュリエット・カン"のおすすめYoutubeビデオ

Symphony Quintetto after Sym. No. 104 "London"    Joseph Haydn   for flute & string quintet

Symphony Quintetto after Sym. No. 104 "London" Joseph Haydn for flute & string quintet

BCMF Subtle Sounds 08/15/2010 (2)

BCMF Subtle Sounds 08/15/2010 (2)

Philadelphia Orchestra pop-up quartet in Lyon, France

Philadelphia Orchestra pop-up quartet in Lyon, France

David Kim and Juliette Kang on Bach's Concerto for 2 Violins

David Kim and Juliette Kang on Bach's Concerto for 2 Violins

コメント

おすすめアーティスト

other

ヴァイオリニスト

A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z