Cecile Huijnen (セシル・ヒュイネン)

ヴァイオリニスト オランダ (Netherlands)

Cecile Huijnen (セシル・ヒュイネン)。オランダの女性ヴァイオリニスト。1965年生まれ。

ハーグの王立音楽院でヴァイオリンをダヴィナ・ヴァン・ウェリー(Davina van Wely)に師事し、1990年に卒業。ヤープ・ヴァン・ズヴェーデンに個人で師事。14歳の時Sweerts de Landasヴァイオリンコンクールで優勝。1987年にオスカー・バック国立ヴァイオリンコンクールで第1位を受賞。1990年よりオランダ・バレエ管弦楽団のコンサートマスターに就任。2000年よりアーネム・フィルハーモニー(Het Gelders Orkest)のコンサートマスターを務めている。他にもロッテルダム・フィルハーモニー管弦楽団、オランダ放送管弦楽団、レジデンティー・管弦楽団、シドニー交響楽団などのゲスト・コンサートマスターを務めている。ソリストとしては、指揮者のヤープ・ヴァン・ズヴェーデン、ティエリー・フィッシャー、ニコライ・アレクセーエフらと共演して、バーバー、コルンゴルト、ショスタコーヴィチ、ストラヴィンスキーのヴァイオリン協奏曲を披露している。ネザーランド・ダンス・シアターでソリストとして定期的に演奏を行っている。2013年より、オランダを代表するアコーディオン奏者のマリーケ・グローテンユイス(Marieke Grotenhuis)とともにバルトーク、ドヴォルザーク、コダーイ、ブロッホ、ブラームス、アストル・ピアソラ、ラディスラフ・クプコヴィチの作品の編曲版を収録したアルバムをリリースしている。また2019年には、アコーディオン奏者のマリエケ・ホップマン(Marieke Hopman)と共演して、アルバム「Love!」をリリースしている。

"セシル・ヒュイネン"のおすすめCD、MP3をAmazonで購入

"セシル・ヒュイネン"のおすすめYoutubeビデオ

Three Hungarian Dances: Allegro

Three Hungarian Dances: Allegro

Humoresque op. 101 no. 7

Humoresque op. 101 no. 7

Rosanne Philippens & The Arnhem Philharmonic - Vivaldi La tempesta di Mare I. Presto

Rosanne Philippens & The Arnhem Philharmonic - Vivaldi La tempesta di Mare I. Presto

Huijnen & Hopman

Huijnen & Hopman

Linda Overzee & Cecile Huijnen - BACKSTAGE in parallel worlds

Linda Overzee & Cecile Huijnen - BACKSTAGE in parallel worlds

Ave Maria

Ave Maria

Salut d’Amour, Op. 12

Salut d’Amour, Op. 12

Huijnen & Hopman - 'Suite Turks Fruit' - for the album 'LOVE!'

Huijnen & Hopman - 'Suite Turks Fruit' - for the album 'LOVE!'

おすすめアーティスト

ヴァイオリニスト

A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z