Milena Wilke (ミレナ・ウィルケ)

ヴァイオリニスト ドイツ (Germany)

Milena Wilke (ミレナ・ウィルケ)。ドイツの女性ヴァイオリニスト。1996年生まれ。

ドイツのフライブルク・イム・ブライスガウに生まれる。ラチカ・ホンダ・ローゼンベルグ、ライナー・クスマウル、ザハール・ブロンのクラスで学んだ。ミュンヘンのインゴルフ・ターバンで学士号を取得した。2019年からはベルリンのハンス・アイスラー大学でアンティエ・ヴァイトハースに師事している。ミカエラ・マーティン、ダーク・モンメルツ、フリーデマン・ベルガー、フォルカー・ヤコブセン、ウォルフガング・マルシュナー、ソフィア・ジャフェ、ヴァディム・レーピン、クリストフ・バラティ、イヴリー・ギトリスらのマスタークラスでも学んだ。2020年からベルリンの音楽大学「ハンズ・アイスラー」で(ミュージカル・シアター)演出の学士号を取得している。2016年にベルリンで開催された「Ton und Erklarung」コンクールで1位を獲得したほか、国内外の数多くのコンクールで入賞している。2017年には、ドイツ国立学術財団とコンスタンツのリヒャルト・ワーグナー協会から奨学金を授与され、ユーディ・メニューイン「ライブ・ミュージック・ナウ」の組織にも受け入れられました。ドイツ音楽コンクール2018では、ヴァイオリン・ソロ部門で奨学金を受け、若手アーティストのコンサートの連邦選抜(BAKJK)への参加も合わせて実現した。直近では、2019年10月にフライブルク・コンツェルトハウス賞を受賞。ソリストとして、ベルリン・ドイツ交響楽団、バーデン・バーデン・フィルハーモニー管弦楽団、フライブルク・フィルハーモニー管弦楽団、マクデブルク・フィルハーモニー管弦楽団、マンハイム室内管弦楽団、ロシア室内フィルハーモニー管弦楽団、ベオグラード放送交響楽団と共演している。コンサートは、SWR、BR、Dlf Kultur、NDRなど、数多くのラジオ局で録音されている。 2018年10月からは、音楽祭「Hori Musiktage am Bodensee」のアーティスティック・ディレクションにも参加している。

"ミレナ・ウィルケ"のおすすめCD、MP3をAmazonで購入

"ミレナ・ウィルケ"のおすすめYoutubeビデオ

Beethoven Violin-Konzert 3.Satz, Solistin: Milena Wilke (15 Jahre)

Beethoven Violin-Konzert 3.Satz, Solistin: Milena Wilke (15 Jahre)

F. Waxman - Carmen Fantasy (Milena Wilke)

F. Waxman - Carmen Fantasy (Milena Wilke)

Edouard  Lalo - Violinkonzert Nr.2, op. 21 "Symphonie Espagnole"

Edouard Lalo - Violinkonzert Nr.2, op. 21 "Symphonie Espagnole"

2019 Second Round – Milena Wilke

2019 Second Round – Milena Wilke

2019 First Round – Milena Wilke

2019 First Round – Milena Wilke

Paganini Violinkonzert Nr. 1 D-Dur - Milena Wilke

Paganini Violinkonzert Nr. 1 D-Dur - Milena Wilke

Violinwettbewerb "Ton und Erklärung" 2016

Violinwettbewerb "Ton und Erklärung" 2016

Beethoven Violin-Konzert 1.Satz, Solistin: Milena Wilke (15 Jahre)

Beethoven Violin-Konzert 1.Satz, Solistin: Milena Wilke (15 Jahre)

おすすめアーティスト

ヴァイオリニスト

A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z