Sara Trickey (サラ・トリッキー)

ヴァイオリニスト イギリス (United Kingdom)

Sara Trickey (サラ・トリッキー)。イギリスの女性ヴァイオリニスト。

英国王立音楽大学、ケンブリッジ大学で学び、カミラ・ウィックスの奨学生としてサンフランシスコ音楽院に留学。また、ロンドンではエマニュエル・ハーウィッツ、ポーリン・スコット、マーク・ナイトに、ニューヨークではジョーイ・コーパスに師事。デュオ・リサイタルでは、最近ではスティーブン・コヴァチェヴィッチ、ロジャー・ヴィニョール、トム・ポスター、ダニエル・トンなどと共演している。グレース・ウィリアムズ・メモリアル賞を受賞後、カーディフのセント・デイヴィッド・ホールでリサイタルを行ったほか、パーセル・ルーム、ロイヤル・オペラ・ハウス、キングス・プレイス、多くのフェスティバルや音楽協会で演奏している。エンデリオン・カルテットのリーダー、アンドリュー・ワトキンソンとのデュオでは、2本のヴァイオリンのためのレパートリーを探求し続けており、ケンブリッジのケトルズ・ヤードやリッチフィールド・フェスティバルに出演している。これまでに、シティ・オブ・ロンドン・シンフォニア、ジョン・ラボック指揮のセント・ジョンズ・スミス・スクエア管弦楽団、ニュー・ロンドン・ソロイスツ・アンサンブル、サウス・バンク・シンフォニア、ハイドン室内管弦楽団、バーミンガム室内管弦楽団、セント・デイヴィッド室内管弦楽団、テン・トーレス管弦楽団などと協奏曲を演奏している。最近では、ピアニストのイワン・ルーウェリン=ジョーンズとの共演で、ウィリアム・マティアスのヴァイオリン・ソナタ全曲をナクソスで初録音している。現代音楽に強い関心を持っており、デビッド・マシューズは、サラのためにヴァイオリンとピアノの曲「Adonis」や、サラとサラ=ジェーン・ブラッドリーのためにヴァイオリンとヴィオラの二重協奏曲を作曲している。室内楽奏者としては、2001年から2006年までブロンテ弦楽四重奏団のリーダーを務めた。同カルテットは、2005年のクレモナ国際コンクールで入賞し、2003年にはロイヤル・オーバーシーズリーグ・コンクールで第1位を獲得している。

"サラ・トリッキー"のおすすめCD、MP3をAmazonで購入

"サラ・トリッキー"のおすすめYoutubeビデオ

Franck: Violin Sonata in A major (Sara Trickey and Joseph Tong) at the JdP

Franck: Violin Sonata in A major (Sara Trickey and Joseph Tong) at the JdP

Fauré: Violin Sonata No.1 in A major, Op.13 (Sara Trickey and Daniel Tong) at the JdP

Fauré: Violin Sonata No.1 in A major, Op.13 (Sara Trickey and Daniel Tong) at the JdP

Brahms: Violin Sonata No. 2 in A major, Op.100 (Sara Trickey and Daniel Tong) at the JdP

Brahms: Violin Sonata No. 2 in A major, Op.100 (Sara Trickey and Daniel Tong) at the JdP

Fauré: Romance for violin and piano in B flat, Op.28 (Sara Trickey and Daniel Tong) at the JdP

Fauré: Romance for violin and piano in B flat, Op.28 (Sara Trickey and Daniel Tong) at the JdP

おすすめアーティスト

ヴァイオリニスト

A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z