Andrew Haveron (アンドルー・ハヴァロン)

ヴァイオリニスト イギリス (United Kingdom)

Andrew Haveron (アンドルー・ハヴァロン)。イギリスの男性ヴァイオリニスト。1975年生まれ。

サー・コリン・デイヴィス(LSO)、サー・ロジャー・ノリントン、イリ・ビエロフラーヴェク(BBCSO)、スタニスワフ・スクロヴァチェフスキ(ハレ)、ジョン・ウィルソン(CBSO)などの指揮者と協奏曲を演奏し、有名なレパートリーからあまり知られていないレパートリーまで幅広く演奏している。1999年、国際的に高い評価を得ているブロツキー・カルテットの第一ヴァイオリン奏者に就任。アンネ・ゾフィー・フォン・オッター、ジュリアン・ロイド=ウェバー、ドミトリー・アシュケナシー、アレキサンダー・バイリーなどのアーティストとの共演のほか、エルヴィス・コステロ、ビョーク、ポール・マッカートニー、スティングとのジャンルを超えた共演を行っている。15枚以上のアルバムをレコーディングしている。イギリス国内の主要な交響楽団はもちろん、海外のオーケストラからも頻繁にリーダーとして招かれている。2007年7月にはBBC交響楽団のリーダーに就任し、BBCラジオ3で頻繁に放送されているほか、「Last Night」を含むプロムスにも多数出演している。指揮者ヴァレリー・ゲルギエフの要請により、「ワールド・オーケストラ・フォー・ピース」を率いている。また、「ジョン・ウィルソン・オーケストラ」の創設時からリーダーを務めている。最近では、フィルハーモニア管弦楽団のリーダーに任命されている。2004年には、音楽への貢献が認められ、ケント大学から名誉博士号を授与された。2012年、フィルハーモニア管弦楽団のジョイント・コンサート・マスターに就任。

"アンドルー・ハヴァロン"のおすすめCD、MP3をAmazonで購入

"アンドルー・ハヴァロン"のおすすめYoutubeビデオ

SSO Masterclass – Violin – Rachmaninoff’s ‘Symphonic Dances’

SSO Masterclass – Violin – Rachmaninoff’s ‘Symphonic Dances’

Andrew Haveron on working with the Arensky Chamber Orchestra

Andrew Haveron on working with the Arensky Chamber Orchestra

Prokofiev: Romeo and Juliet, No 13 Dance of the Knights (Valery Gergiev, LSO)

Prokofiev: Romeo and Juliet, No 13 Dance of the Knights (Valery Gergiev, LSO)

Mendelssohn Octet - 1st Movement

Mendelssohn Octet - 1st Movement

Piazzolla and Vivaldi Four Seasons  |  Arensky Chamber Orchestra with Andrew Haveron

Piazzolla and Vivaldi Four Seasons | Arensky Chamber Orchestra with Andrew Haveron

Classical Music for the 21st Century: the Launch of the Arensky Chamber Orchestra

Classical Music for the 21st Century: the Launch of the Arensky Chamber Orchestra

Sibelius Violin Concerto II. Adagio di molto

Sibelius Violin Concerto II. Adagio di molto

おすすめアーティスト

ヴァイオリニスト

A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z