Marlene Hemmer (マレーネ・ハマー)

ヴァイオリニスト オランダ (Netherlands)

Marlene Hemmer (マレーネ・ハマー)。オランダの女性ヴァイオリニスト。1981年生まれ。

4歳よりヴァイオリンを始める。1989年からは、ユトレヒト音楽院のヤング・タレント・スクールで学んだ。13歳からリューベック(ドイツ)、ビエラ(イタリア)で学び、最終的にユトレヒト音楽院を優秀な成績で卒業した。イギリス、カリフォルニア、イスラエルでマスタークラスを受講。8歳より、多くのオーケストラとソロで共演している。1998年にはダヴィッド・ポルセリーン指揮の北オランダ・フィルハーモニー管弦楽団とプロコフィエフのヴァイオリン協奏曲第1番を演奏。2001年11月には、カメラータ・アントニオ・ルシオと「2つのヴァイオリンのためのコンサート」をエミー・ヴァーヘイと共演している。2002年には、Nationaal Jeugdorkest Nederlandの夏期アカデミーに参加し、Muziekcentrum Vredenburgでロバート・シューマンのピアノ五重奏曲をイーゴリ・ローマらと共演した。2003年の初め、ユルヘン・ヘンペル指揮のユトレヒト音楽院オーケストラとルトスワフスキの「チェイン」を演奏。2005年には、マルコ・ボンズ指揮のUMA室内管弦楽団とプロコフィエフのヴァイオリン協奏曲第2番を共演。2005年末には、マルコ・ボンズ指揮のネザーランド・プロムナード・オーケストラとアントニオ・ヴィヴァルディの「四季」を、ユッシ・ヤーティネン指揮のブラバンツ・オーケストラとサン=サーンスの「ヴァイオリン協奏曲第3番」を演奏。2006年秋、マレーネ・ヘマーは、サラサーテのツィゴイネルワイゼンとドヴォルザークの「ロマンス」のソリストとして、ウルリッヒ・ヴィントフール指揮のオランダ・シンフォニアと共演した。2007年にはヴァシリ・ペトレンコ指揮のオルケスト・ファン・ヘット・オーステンとヴィヴァルディの「四季」のソロを演奏した。2014年よりNoord Nederlands Orkestのセカンド・コンサートマスターを務めている。

"マレーネ・ハマー"のおすすめCD、MP3をAmazonで購入

"マレーネ・ハマー"のおすすめYoutubeビデオ

Violinist Marlene Hemmer plays Brahms

Violinist Marlene Hemmer plays Brahms

Violinist Marlene Hemmer plays It ain't necessarily so by Gershwin/Heifetz

Violinist Marlene Hemmer plays It ain't necessarily so by Gershwin/Heifetz

Mozart violin sonata K 301 Marlene Hemmer, violin & Jochem Geene, piano

Mozart violin sonata K 301 Marlene Hemmer, violin & Jochem Geene, piano

Schubert Violin Sonatina in D Major Op. 137 - Marlene Hemmer (viool) en Jochem Geene (piano)

Schubert Violin Sonatina in D Major Op. 137 - Marlene Hemmer (viool) en Jochem Geene (piano)

De Tafel van Tjako afl 5

De Tafel van Tjako afl 5

おすすめアーティスト

ヴァイオリニスト

A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z