Carlos Damas (カルロス・ダマス)

ヴァイオリニスト ポルトガル (Portugal)

Carlos Damas (カルロス・ダマス)。ポルトガルの男性ヴァイオリニスト。1973年4月8日生まれ。

ポルトガルを代表するヴァイオリニスト。ポルトガルのコインブラ生まれ。フリッツ・クライスラーの作品の解釈で高い評価を受けている。コインブラ音楽院で3歳より音楽の勉強を始める。6歳の時リスボンへ移り、ヴァスコ・ブロコ、レオノール・プラド、アレクサンドラ・メンデスに師事。15歳の時ポルトガル放送交響楽団と協演してオーケストラデビュー。パリ国立高等音楽・舞踊学校でイヴリー・ギトリスの下で更なる研鑽を積んだ。1993年にパリでルイス・デ・フレイタス・ブランコのヴァイオリン協奏曲の初演を行った。セルジオ・アゼヴェードのソロヴァイオリンとオーケストラのための作品「Reflections on a Portuguese Lullaby」は、ダマスのために作曲された。ソリストとして、Orquestra Metropolitana de Lisboa、プラハ・フィルハーモニー管弦楽団、ウィニペグ交響楽団、関州交響楽団など世界各地のオーケストラと共演している。UNESCOの活動の一環で、2007年にはリンカーン・センターでバッハの2台のヴァイオリンのための協奏曲を演奏している。ポルトガルの作曲家のアントニオ・フラゴーソ、ルイス・デ・フレイタス・ブランコ、フェルナンド・ロペス=グラサ、セルジオ・アゼヴェードの作品の世界初録音を数多くリリースしたことでも知られる。シベリウスのヴァイオリンとピアノのためのソナタ、ベートーヴェンのヴァイオリンソナタなどの録音もリリースしている。

"カルロス・ダマス"のおすすめCD、MP3をAmazonで購入

"カルロス・ダマス"のおすすめYoutubeビデオ

Sérgio Azevedo - Reflections on a Portuguese Lullaby - Carlos Damas, violin

Sérgio Azevedo - Reflections on a Portuguese Lullaby - Carlos Damas, violin

Kreisler  Dancing Doll - Carlos Damas/Anna Tomasik

Kreisler Dancing Doll - Carlos Damas/Anna Tomasik

Mozart Concertone - Carlos Damas and James Dahlgren

Mozart Concertone - Carlos Damas and James Dahlgren

Kreisler - Chaminade, Serenade Espagnole - Carlos Damas, violin

Kreisler - Chaminade, Serenade Espagnole - Carlos Damas, violin

Carlos Damas Play Bach Concerto for violin and Oboe

Carlos Damas Play Bach Concerto for violin and Oboe

Berlioz - Reverie et Caprice op.8 - Carlos Damas, violin

Berlioz - Reverie et Caprice op.8 - Carlos Damas, violin

Bach - Carlos Damas Concerto for violin and Oboe 3rdMvt.

Bach - Carlos Damas Concerto for violin and Oboe 3rdMvt.

António Fragoso

António Fragoso

Jogo de Damas - Roberto Carlos

Jogo de Damas - Roberto Carlos

Chausson - concerto for violin and piano in D, op.21 - Carlos Damas, violin - Jill Lawson, piano

Chausson - concerto for violin and piano in D, op.21 - Carlos Damas, violin - Jill Lawson, piano

おすすめアーティスト

official

ヴァイオリニスト

A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z