Rainer Honeck (ライナー・ホーネック)

ヴァイオリニスト オーストリア (Austria)

Rainer Honeck (ライナー・ホーネック)。オーストリアの男性ヴァイオリニスト。1961年生まれ。

オーストリアのネンツィング生まれ。7歳でヴァイオリンを始め、ウィーンの音楽・舞台芸術高等学校でエディット・ベルツィンガーに、個人的にアルフレッド・シュタール(ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のメンバー)に師事。1981年に第1ヴァイオリン奏者としてウィーン国立歌劇場およびウィーン・フィルハーモニー管弦楽団に入団し、1984年には歌劇場のコンサートマスター、1992年にはウィーン・フィルハーモニー管弦楽団のコンサートマスターに就任した。オーケストラでの活動が中心となっている一方で、ソリストとしても有名で、オーストリアをはじめ、ヨーロッパ、日本、アメリカでコンサートを行っている。ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団との共演では、マリス・ヤンソンス指揮によるドヴォルザークのヴァイオリン協奏曲、リッカルド・ムーティ指揮とヘルベルト・ブロムシュテット指揮によるモーツァルトの協奏曲、ダニエレ・ガッティ指揮によるベルクのヴァイオリン協奏曲などを演奏している。ベルクのヴァイオリン協奏曲では、ヴァレリー・ゲルギエフ指揮マリインスキー劇場交響楽団、マイケル・ティルソン・トーマス指揮新世界交響楽団とも共演している。また、ストラヴィンスキーのヴァイオリン協奏曲をアンドレス・オロチョ・エストラーダ指揮、ダニエル・ハーディング指揮のロンドン交響楽団と共演している。コンサートマスターとしての代表的な録音には、リムスキー=コルサコフの「シェヘラザード」を小澤征爾の指揮のウィーン・フィルハーモニー管弦楽団とライブ演奏した録音、リヒャルト・シュトラウスの「英雄の生涯」をクリスティアン・ティーレマンの指揮でライブ演奏した録音などがある。さらに、プラハのチェコ・フィルハーモニー管弦楽団とのドヴォルザークとメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲の録音、シューベルトのヴァイオリンとピアノのための作品全集、モーツァルトのヴァイオリン協奏曲の2枚組CDなどがある。室内楽奏者としても精力的に活動しており、「ウィーン・ヴィルトゥオーゼン」、「ウィーン・ストリング・ソロイスツ」の創設メンバー兼リーダー、「アンサンブル・ウィーン」と「ウィーン・ベルリン室内管弦楽団」の主宰者(2008年から)であり、ラジオ、テレビ、CD作品(主にコッホ・レーベル)にも登場している。紀尾井シンフォニエッタ、名古屋フィルハーモニー交響楽団、札幌交響楽団、読売日本交響楽団、マルメ交響楽団(スウェーデン)、サンクトペテルブルク・マリインスキー劇場交響楽団(ロシア)、ニース・フィルハーモニー管弦楽団(フランス)、オーストリア・ハンガリー・ハイドン・フィルハーモニー管弦楽団などのオーケストラを指揮している

"ライナー・ホーネック"のおすすめCD、MP3をAmazonで購入

"ライナー・ホーネック"のおすすめYoutubeビデオ

Viennese with Sinfonietta – Rainer Honeck / reportage

Viennese with Sinfonietta – Rainer Honeck / reportage

紀尾井ホール室内管弦楽団、2017年4月始動! Kioi Hall Chamber Orchestra Tokyo, Re-start with Rainer Honeck!

紀尾井ホール室内管弦楽団、2017年4月始動! Kioi Hall Chamber Orchestra Tokyo, Re-start with Rainer Honeck!

Brahms Double Concerto - Honeck/Hornung/Bychkov

Brahms Double Concerto - Honeck/Hornung/Bychkov

おすすめアーティスト

ヴァイオリニスト

A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z