Radu Pieptea (ラドゥ・ピエプティー)

ヴァイオリニスト アメリカ (United States)

Radu Pieptea (ラドゥ・ピエプティー)。アメリカの男性ヴァイオリニスト。

ロサンゼルス在住。ジュリアード音楽院で音楽教育を受け、音楽学士号を取得。その後、フルブライト奨学金を得て、ドイツのケルン音楽院で著名なバイオリン教育者ザハール・ブロンに師事し、音楽演奏のディプロマを取得した。その後、奨学金を受けながらUCLAで音楽修士号を取得。ロバート・マン、アレクサンダー・トレガー、マーク・カプラン、ロナルド・ニール、川崎雅夫らに師事。14歳でダラスのマイヤーソンシンフォニーセンターでオーケストラのソロデビュー。ソリストとして世界各地のオーケストラやアンサンブルに出演している。また、ニューヨークのクラシック音楽ラジオ局WQXRで室内楽の特集を組み、アメリカ、ヨーロッパ、アジアでリサイタルや室内楽、オーケストラ演奏などのコンサートに出演している。LAカウンティ美術館から放送されるサンデーズ・ライブ・シリーズのリサイタルやドロシー・チャンドラー・パビリオンでのソリストとして、ラジオで生中継されている。また、UCLAの教授陣による室内楽シリーズや、ビバリーヒルズ室内楽フェスティバルのゲスト・アーティストとして、多くのコラボレーションを行っている。2005年にロサンゼルスの音楽シーンに登場して以来、LAオペラ、LAフィルハーモニー、ニューウェスト交響楽団、ハリウッド・ボウル・オーケストラと定期的に共演している。現在、ロサンゼルスのスタジオでレコーディングミュージシャンとしても活躍しており、メジャーな映画作品のサウンドトラックにも参加している。クラシック音楽をルーツとしながらも、ロック、ポップス、カントリー、ヒップホップ、ジャズなど幅広いジャンルで、世界で最も影響力のあるアーティストたちとレコーディングや演奏を行っている。教師、コーチとしても活躍しており、海外でもマスタークラスを開催している。

"ラドゥ・ピエプティー"のおすすめCD、MP3をAmazonで購入

"ラドゥ・ピエプティー"のおすすめYoutubeビデオ

Carmen Fantasy by Franz Waxman played by Radu Pieptea

Carmen Fantasy by Franz Waxman played by Radu Pieptea

Radu Pieptea, violin and Natasha Marin, piano. Beethoven Sonata op.24

Radu Pieptea, violin and Natasha Marin, piano. Beethoven Sonata op.24

Korngold Violin Concerto in D, Finale played by Radu Pieptea

Korngold Violin Concerto in D, Finale played by Radu Pieptea

コメント

おすすめアーティスト

ヴァイオリニスト

A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z