Maria-Elisabeth Lott (マリア・エリザベス・ロット)

ヴァイオリニスト ドイツ (Germany)

Maria-Elisabeth Lott (マリア・エリザベス・ロット)。ドイツの女性ヴァイオリニスト。1987年6月2日生まれ。

ドイツのシュランベルク生まれ。3歳からヴァイオリンを始める。ヨーゼフ・リシンに師事。カールスルーエ音楽大学でソロ演奏の学士号と修士号を取得。13歳のときにアメリカデビュー。1998年にモーツァルトが使用した復元ヴァイオリンを始めた初めて演奏するヴァイオリニストに選ばれた。BBC、ARD、ZDF、SWRなどヨーロッパの主要なラジオやテレビに多数出演。これまでにダラス交響楽団、ハーグ・レジデンティ管弦楽団、イスタンブール国立交響楽団、ベルゲン・フィルハーモニー管弦楽団、ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管弦楽団、マレーシア・フィルハーモニー管弦楽団と共演している。指揮者では、ファビオ・ルイジ、ヤープ・ヴァン・ズヴェーデン、マリオ・ヴェンツァーゴ、ジョン・ネルソン、キリル・ペトレンコ、ダニエル・ハーディング、ジョナサン・ノットらと共演している。2017年よりデトモルト音楽大学でヴァイオリンの教授を務めている。

"マリア・エリザベス・ロット"のおすすめCD、MP3をAmazonで購入

"マリア・エリザベス・ロット"のおすすめYoutubeビデオ

Max Bruch Violinkonzert Schottische Fantasie op. 46 - Satz 2 / Allegro - Adagio

Max Bruch Violinkonzert Schottische Fantasie op. 46 - Satz 2 / Allegro - Adagio

Max Bruch Violinkonzert Schottische Fantasie op. 46 - Satz 3 / Andante sostenuto

Max Bruch Violinkonzert Schottische Fantasie op. 46 - Satz 3 / Andante sostenuto

Maria Lott (Violine/Violin), Sontraud Speidel (Klavier/Piano)

Maria Lott (Violine/Violin), Sontraud Speidel (Klavier/Piano)

Ausschnitt 1: Pablo de Sarate Konzertfantasie "Carmen" von Bizet.

Ausschnitt 1: Pablo de Sarate Konzertfantasie "Carmen" von Bizet.

TCHAIKOWSKI "Souvenir de Florence" as septet with double bass

TCHAIKOWSKI "Souvenir de Florence" as septet with double bass

Brahms - Piano Quintet Op. 34 F Minor

Brahms - Piano Quintet Op. 34 F Minor

おすすめアーティスト

ヴァイオリニスト

A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z