Ayla Erduran (アイラ・エルドゥラン)

ヴァイオリニスト トルコ (Turkey)

Ayla Erduran (アイラ・エルドゥラン)。トルコの女性ヴァイオリニスト。1934年9月22日生まれ。

カール・ベルガーに師事し、10歳で初めてリサイタルを開く。その後、1946年から1951年までパリ国際音楽院に留学し、ベネデッティとベンヴェヌーティに師事。卒業後は1955年までアメリカに滞在し、イヴァン・ガラミアンとジノ・フランチェスカッティに師事した。1957年から1958年にかけては、モスクワ音楽院でオイストラフ氏に師事した。1973年から1990年までスイスでvヴァイオリン教師として活躍し、ローザンヌ音楽院では修士課程を修了した。1971年には国家芸術家の称号を得た。また、アンカラにあるセブダ・セナップ・アンド・ミュージック・ファンデーション(SCAMV)から金メダルを授与されている。1957年のヘンリク・ヴィエニャフスキ・ヴァイオリン・コンクールで第5位、1964年にハリエット・コーエン-オルガ・ヴェリーニー賞、1970年にオランダ・ベートーヴェン賞を受賞している。ロンドン交響楽団、スイス・ロマンド管弦楽団、ベルリンRIAS、トルコ大統領府交響楽団、チェコ・フィルハーモニアなどと共演。また、アーネスト・アンセルメ、カレル・アンチェル、ポール・クレツキ、ゲンナジー・ロズデツヴェンスキー、ジャン・フルネ、ミシェル・プラッソン、アーミン・ジョーダンなどの指揮者と共演している。韓国、アメリカ、カナダ、中東、インド、アフリカ、ロシア、アゼルバイジャン、トルコなどで演奏活動を行っている。1958年にはベルギーでウルヴィ・セマル・エルキンのヴァイオリン協奏曲をウルヴィ・セマル・エルキンの指揮で初演している。また、ジュネーブで行われたシベリウス生誕100周年の際には、アーネスト・アンセルメ指揮のスイス・ロマンド管弦楽団とシベリウスのヴァイオリン協奏曲を演奏した。ユーディ・メニューイン、ヘンリク・セリグ、ナヴァーラ弦楽四重奏団、イーゴリ・オイストラフ、ヴァレリー・オイストラフ、ヴィクトル・ピカイゼン、ガイ・ファロット、コリンズ、ミェチスワフ・ヴァインベルクなどの著名な音楽家と共演している。

"アイラ・エルドゥラン"のおすすめCD、MP3をAmazonで購入

"アイラ・エルドゥラン"のおすすめYoutubeビデオ

Ayla Erduran - F.Kreisler 'Liebesleid'

Ayla Erduran - F.Kreisler 'Liebesleid'

Ayla Erduran - F.Kreisler - Praeludium and Allegro

Ayla Erduran - F.Kreisler - Praeludium and Allegro

Devlet Sanatçıları Programı - Ayla Erduran

Devlet Sanatçıları Programı - Ayla Erduran

Ali Darmar - Sessizliğin İçinden - Ayla Erduran & Ayşegül Sarıca

Ali Darmar - Sessizliğin İçinden - Ayla Erduran & Ayşegül Sarıca

Ayla Erduran - F.Kreisler 'Liebesleid'

Ayla Erduran - F.Kreisler 'Liebesleid'

Ayla Erduran Plays  Beethoven Violin Sonata 7 in C minor

Ayla Erduran Plays Beethoven Violin Sonata 7 in C minor

Ayla Erduran&Suna Kan play J.S.Bach Double Concerto

Ayla Erduran&Suna Kan play J.S.Bach Double Concerto

Çetin Işıközlü Violin Concerto - Solist: Ayla Erduran / 1977 - 1978

Çetin Işıközlü Violin Concerto - Solist: Ayla Erduran / 1977 - 1978

おすすめアーティスト

ヴァイオリニスト

A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z