Daishin Kashimoto (樫本大進)

ヴァイオリニスト 日本 (Japan)

Daishin Kashimoto (樫本大進)。日本の男性ヴァイオリニスト。1979年3月27日生まれ。

ロンドンで生まれる。3歳からヴァイオリンを始め、恵藤久美子に師事した。ニューヨークへ移り、7歳でジュリアード音楽院プレカレッジに入学し、田中直子に師事した。1990年、11歳の時にリューベック音楽院で教鞭を執っていたザハール・ブロンに招かれ、リューベックへ移り、ドイツのギムナジウムに通いながら同音楽院でブロンにヴァイオリンを師事した。1999年、19歳までブロンに師事したが、フライブルク音楽大学に移り、ベルリン・フィルのコンサートマスターを務めていたライナー・クスマウルに師事。リピンスキ・ヴィエニヤフスキ国際コンクール・ジュニア部門で第3位(1991年)、ユーディ・メニューイン国際コンクール・ジュニア部門で第1位(1993年)、第3回ケルン国際ヴァイオリン・コンクールで第1位(1994年)、フリッツ・クライスラー国際コンクールで第1位(1996年)、ロン=ティボー国際コンクールでは、史上最年少で第1位(1996年)を獲得。2002年、NHK大河ドラマ「利家とまつ?加賀百万石物語?」の音楽でヴァイオリンを担当した。2004年、パリとウィーンでメンデルスゾーンのもう一つのニ短調のヴァイオリン協奏曲を演奏。2010年12月、試用期間を経て、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団第1コンサートマスターに就任。ドイツ在住。妻は、マリンバ奏者の出田りあ。

"樫本大進"のおすすめCD、MP3をAmazonで購入

"樫本大進"のおすすめYoutubeビデオ

【ダイジェスト】樫本大進&キリル・ゲルシュタイン デュオ・リサイタル

【ダイジェスト】樫本大進&キリル・ゲルシュタイン デュオ・リサイタル

Waldbühne 2012 - Daishin Kashimoto plays Tchaikovsky's Sérénade mélancolique

Waldbühne 2012 - Daishin Kashimoto plays Tchaikovsky's Sérénade mélancolique

Vivaldi: Concerto "The Summer" / Kashimoto · Berlin Baroque Soloists

Vivaldi: Concerto "The Summer" / Kashimoto · Berlin Baroque Soloists

Mozart  Violin Sonata No. 21 in E minor, K. 304 II. Tempo di Minuetto

Mozart Violin Sonata No. 21 in E minor, K. 304 II. Tempo di Minuetto

Prokofiev: Violin Concerto No. 1 / Kashimoto · Rattle · Berliner Philharmoniker

Prokofiev: Violin Concerto No. 1 / Kashimoto · Rattle · Berliner Philharmoniker

おすすめアーティスト

ヴァイオリニスト

A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z