Miriam Solovieff (ミリアム・ソロヴィエフ)

ヴァイオリニスト アメリカ (United States)

Miriam Solovieff (ミリアム・ソロヴィエフ)。アメリカの女性ヴァイオリニスト。1921年11月4日生まれ。

ロシアから移住してきたユダヤ系の家系に、サンフランシスコで生まれた。3歳の頃からピアノのレッスンを受けていた。1928年からはサンフランシスコ音楽院でロバート・ポラックにヴァイオリンのレッスンを受けた。日本に行った後は、キャサリン・パーロウのアシスタント、キャロル・ウェストンに師事し、その後キャサリン・パーロウに師事した。パシフィック・ミュージカル・ソサエティやコミュニティ・プレイハウスに出演した後、1932年にバジル・キャメロン指揮サンフランシスコ交響楽団のヤング・ピープルズ・シンフォニー・コンサートでデビューし、アルトゥール・ロジンスキーの招待でロサンゼルス・フィルハーモニック・オーケストラの定期演奏会に出演した。1933年から1937年までユーディ・メニューインとルッジェーロ・リッチの師であるルイ・パーシンガーに師事した。1934年ハリウッド・ボウルでロサンゼルス・フィルハーモニー管弦楽団と共演、メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲をオシップ・ガブリロヴィッチの指揮で演奏、1937年にはニューヨークのタウンホールでデビューを果たした。1938年、カール・フレッシュに師事するためヨーロッパに渡り、ベルギー、オランダ、イギリスでコンサートを行った。第二次世界大戦中は、アメリカ軍の部隊支援のためのヴァイオリニストとして活動し、解放されたブーヘンヴァルトとアウシュヴィッツの強制収容所でもコンサートを行った。1946年にはジョナサン・スタンバーグの指揮でウィーン交響楽団とコンサートを行った。1950年代、ソロヴィエフはヴァイオリンの教師としてパリに居を構えた。1960年代半ばにはユリウス・カッチェンとブラームスのヴァイオリン・ソナタを全曲録音を行った。

"ミリアム・ソロヴィエフ"のおすすめCD、MP3をAmazonで購入

"ミリアム・ソロヴィエフ"のおすすめYoutubeビデオ

Rimsky-Korsakov : Scheherazade - Director  Rossi - Violon Miriam Solovieff - Op. 35 - HD

Rimsky-Korsakov : Scheherazade - Director Rossi - Violon Miriam Solovieff - Op. 35 - HD

Solovieff plays Lalo Violin Concerto part 1 of 2

Solovieff plays Lalo Violin Concerto part 1 of 2

Rimsky-Korssakov "Sheherazade" Miriam Solovieff/Mario Rossi

Rimsky-Korssakov "Sheherazade" Miriam Solovieff/Mario Rossi

Solovieff plays Lalo Violin Concerto part 2 of 2

Solovieff plays Lalo Violin Concerto part 2 of 2

コメント

おすすめアーティスト

ヴァイオリニスト

A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z