Dawn Dongeun Wohn (ダウン・ドンジェウン・ウォン)

ヴァイオリニスト 韓国 (Korea) アメリカ (United States)

Dawn Dongeun Wohn (ダウン・ドンジェウン・ウォン)。韓国の女性ヴァイオリニスト。

南北アメリカ、アジア、ヨーロッパの各地で演奏活動を行っており、これまでにソリストとして、韓国放送交響楽団、アスペン・コンダクティング・オーケストラ、テジョン・フィルハーモニック、ニューヨーク・シンフォニエッタ、日本のテレマン・アンサンブル、メキシコのフェスティバル・デ・フェブレロなどのオーケストラと共演。さらに、カーネギー・ワイル・ホール、リンカーン・センターのアリス・タリー・ホール、マーキン・ホール、ジョーダン・ホールなど、世界各地でリサイタルを開催している。室内楽奏者としても活躍しており、イギリスの国際音楽家セミナー・プロシアコーブ、韓国のグレートマウンテン音楽祭、バンフセンターなどで演奏しているほか、アスペン音楽祭・スクール、ノーフォーク音楽祭、サラソタ音楽祭、ジュリアード音楽院のチェンバーフェスト、ニューヨーク・ストリング・セミナーなどでフェローシップを得ている。また、エマーソン弦楽四重奏団、マイアミ弦楽四重奏団、コリン・カー、ロベルト・プラノ、スーザン・ホープナー、クリスティーナ・ダールなどのメンバーとのコラボレーションも注目されている。4歳でバイオリンを始め、ジュリアード音楽院のプレカレッジ部門で、著名な教育者であるドロシー・ディレイのフルスカラシップ生として訓練を受けた後、ジュリアード音楽院の学部でヒョー・カンに師事した。エール大学で音楽修士号とアーティスト・ディプロマを取得した後、ストーニー・ブルック大学でエマーソン・クァルテットのフィリップ・セッツァーとスービン・キム、そしてギルバート・カリッシュの指導を受け、音楽芸術博士号を取得した。オハイオ大学音楽学部で弦楽器部門の主任とバイオリンの准教授を務めた。現在は、ウィスコンシン大学マディソン校のミード・ウィッター音楽学校で教鞭をとっている。また、ニューヨーク大学、イサカ・カレッジ、CUNY、ボウリング・グリーン州立大学、カンザス大学などの学校でゲスト・クリニシャンやリサイタルを行っているほか、ロッキー・リッジ音楽祭、フランスのアカデミー・アングリコルド、イタリアのアドリア海国際音楽祭、メキシコのフェブレロ祭などのフェスティバルでも講師を務めている。

"ダウン・ドンジェウン・ウォン"のおすすめYoutubeビデオ

Scotiabank Northern Lights Music Festival-STUDENTS

Scotiabank Northern Lights Music Festival-STUDENTS

Honor Choir & Orchestra Festival Concert

Honor Choir & Orchestra Festival Concert

おすすめアーティスト

ヴァイオリニスト

A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z