Anahit Tsitsikian (アナヒット・トチキアン)

ヴァイオリニスト アルメニア (Armenia)

Anahit Tsitsikian (アナヒット・トチキアン)。アルメニアの女性ヴァイオリニスト。1926年8月26日生まれ。1999年5月2日没。

アルメニアで初めて世界的に有名になった女性ヴァイオリニスト。ソ連時代には100以上の都市で世界ツアーを行い、約40年にわたって国立音楽院で教鞭をとり、300以上の記事やテレビ・ラジオ番組のシナリオを執筆した。また、アルメニア音楽学の新しい分野である舞台芸術史を確立した学者として、晩年の20年間は古代音楽史の分野の研究に専念し、アルメニア音楽考古学の新しい分野の創設者となった。1967年にアルメニア社会主義共和国の人民芸術家を受賞。ロシアのレニングラード(現サンクトペテルブルク)で、エンジニアと医師の両親のもとに生まれた。6歳でヴァイオリンを始める。グリゴリー・ギンズブルグ、レフ・モイセイエヴィチ・ツァイトリン(ロシア)に師事。第二次世界大戦が始まると、彼女は15歳でレニングラードからアルメニアに渡った。1946年から1950年までエレバン国立音楽院でカルプ・ドンバエフ教授のもとで学び、スターリン奨学金を得た。1954年には、モスクワ国立音楽院の大学院でコンスタンティン・モストラスに師事した。1961年からは、アルメニア・フィルハーモニック・ホールの首席ソリストを務めた。旧ソ連諸国をはじめ、世界27カ国で演奏活動を行った。ヴァイオリニストとしては、Melodiyaレーベルから4枚のレコードをリリースしている。アルメニアの現代作曲家の音楽は、彼女のレパートリーの中で特別な位置を占めている。アルメニアの現代作曲家の作品は、彼女のレパートリーの中でも特別な存在であり、彼らのオリジナル作品の共著者、編集者、そして最初の解釈者となっていることが多い。1950年からエレバン国立音楽院で教鞭をとり、弓楽器の歴史と理論、アルメニアの舞台芸術の歴史、音楽教育実践の3つのコースをカリキュラムに新設した。音楽院在学中から弓の芸術、オルガン学、音楽考古学に焦点を当てた研究を始めた。多くの国際会議に参加し、アルメニア国内外で論文を発表した。芸術家として、1000回以上のリサイタルを行い、60曲のアーカイブ音楽を録音し、300以上の記事や多くのラジオ・テレビ番組の脚本を執筆した。また、アルメニア作曲家同盟、ソビエト作曲家同盟、アルメニア演劇同盟、ジャーナリスト同盟、ソビエト女性委員会、AOKS(アルメニアと外国との文化連絡委員会)、ソビエト科学アカデミー「世界文化史」委員会、歴史考古学世界科学協会など国内外の多くの組織に所属していた。1999年5月2日に亡くなった同じ年、彼女の仕事を継続し、夢を実現するために、アナヒト文化財団が設立された。

"アナヒット・トチキアン"のおすすめCD、MP3をAmazonで購入

"アナヒット・トチキアン"のおすすめYoutubeビデオ

Renown Violinist Anahit Tsitsikian

Renown Violinist Anahit Tsitsikian

Ave Maria Violinist Anahit Tsitsikian

Ave Maria Violinist Anahit Tsitsikian

KOMITAS  Tsirani Tsar -Violinist Anahit Tsitsikian

KOMITAS Tsirani Tsar -Violinist Anahit Tsitsikian

Незаконченный дневник Анаит Цицикян

Незаконченный дневник Анаит Цицикян

Antonin Dvorak Gipsy song". Op.55, N 4 and Cuellar Ponce "Estrellita"

Antonin Dvorak Gipsy song". Op.55, N 4 and Cuellar Ponce "Estrellita"

Aram Khachatourian Dance

Aram Khachatourian Dance

おすすめアーティスト

ヴァイオリニスト

A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z