Anastasia Karizna (アナスタシア・カリズナ)

ヴァイオリニスト ベラルーシ (Belarus)

Anastasia Karizna (アナスタシア・カリズナ)。ベラルーシの女性ヴァイオリニスト。1989年生まれ。

音楽家の家庭に生まれた。6歳でベラルーシの音楽大学に入学し、リリア・ウンノヴァに師事してヴァイオリンを学び始めた。2008年に渡仏後、パリ国立高等音楽・舞踊学校でボリス・ガルリツキー、ジャン・マルク・フィリップス=ヴァルジャベディアンのクラス、イタマール・ゴランの室内楽クラスで学んだ。2013年から2014年にかけてブリュッセル音楽院のフィリップ・グラフィンのクラスで学んだ。イヴリー・ギトリッツ、マキシム・ヴェンゲーロフ、ドナルド・ワイラースタイン、ドーラ・シュワルツバーグ、レオニード・カーベル、デビッド・ウォーターマン、ミハエラ・マーティン、ミリアム・フリードの指導を受けている。国立室内管弦楽団やベラルーシ国立交響楽団と多数共演しているほか、ソリストや室内楽奏者としても出演し、ベラルーシ、ロシア、フランス、ベルギー、ドイツなどで演奏活動を行っている。ソリストや室内楽奏者として、パリのサル・プレイエルやフランス国立公文書館、ブリュッセルのConcert NobleやSalle Flagey、モスクワのInternational Music Houseなどで演奏していり。また、室内楽では、ガブリエル・リプキンド、ジェローム・ペルヌー、ジェローム・デュクロなどのアーティストや、クス・カルテット、サンクトペテルブルク・カルテット、ヘンシェル・カルテット、ダネル・カルテットと共演している。

"アナスタシア・カリズナ"のおすすめYoutubeビデオ

Vl. Karizna Sonata for violin and piano (1988) - Anastasia Karizna- violin, Svetlana Karizna - piano

Vl. Karizna Sonata for violin and piano (1988) - Anastasia Karizna- violin, Svetlana Karizna - piano

Arnold Schoenberg : "La Nuit transfigurée"  I le Live de la matinale

Arnold Schoenberg : "La Nuit transfigurée" I le Live de la matinale

Anastasia Karizna Humoresque for cello and piano

Anastasia Karizna Humoresque for cello and piano

Anastasia Karizna plays at 14th International Henryk Wieniawski Violin Competition 2011 (Stage 1)

Anastasia Karizna plays at 14th International Henryk Wieniawski Violin Competition 2011 (Stage 1)

おすすめアーティスト

ヴァイオリニスト

A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z