Josef Rissin (ヨーゼフ・リシン)

ヴァイオリニスト ラトビア (Latvia) ドイツ (Germany)

Josef Rissin (ヨーゼフ・リシン)。ラトビアの男性ヴァイオリニスト。1944年生まれ。

ラトヴィアのリガ生まれ。5歳からヴァイオリンを始める。1953年に、才能のある子供のための音楽学校である、リガ音楽院の中央音楽学校に入学。1959年にモスクワ音楽院の中央音楽学校に入学し、ボリス・ベレンキジュ(Boris Belenkij)に師事。1967年のエリザベート王妃国際コンクールで第10位、ジェノヴァで開催されたパガニーニ国際ヴァイーリンコンクールで1969年に第6位に入賞している。旧ソ連時代にロシアの作曲家、ガリーナ・ウストヴォーリスカヤを西側諸国時代に紹介したことでも知られる。1974年にドイツに移住。1976年よりカールスルーエ音楽大学、2002年よりチューリッヒ芸術大学でヴァイオリンを教えている。数多くの国内外のヴァイオリンコンクールで審査員を務めている。教え子にはローラン=アルブレヒト・ブロイニンガー、セルゲイ・ハチャトゥリアン、コー・ガブリエル・カメダ、マリア・エリーザベト・ロット、エリン・コレフ、リナス・ロスらがいる。レパートリーはバロックから現代曲まで幅広くカバーしている。ピアニストのオルガ・リシン=モレノワと共演して録音やコンサートを行っている。ベートーヴェンやヴァイオリンソナタ全曲、バッハの6つのヴァイオリンソナタとパルティータをリサイタルで積極的に演奏している。室内楽では、チェリストのマーティン・オステルターグ(Martin Ostertag)、ピアニストのソントラウト・シュパイデルとともにピアノ三重奏団を結成し活動している。

"ヨーゼフ・リシン"のおすすめCD、MP3をAmazonで購入

"ヨーゼフ・リシン"のおすすめYoutubeビデオ

F. Mendelssohn-Bartholdy: Klaviertrio Nr. 1 d-Moll op. 49 - Molto Allegro agitato

F. Mendelssohn-Bartholdy: Klaviertrio Nr. 1 d-Moll op. 49 - Molto Allegro agitato

Ludwig van Beethoven - Violinsonate Nr.9 "Kreutzer" , A-Dur, op.47

Ludwig van Beethoven - Violinsonate Nr.9 "Kreutzer" , A-Dur, op.47

N. Paganini - Violinkonzert No.1, Op.6

N. Paganini - Violinkonzert No.1, Op.6

Meisterkurs in Holland 12

Meisterkurs in Holland 12

Meisterkurs in Detmold (7)

Meisterkurs in Detmold (7)

Prof. Josef Rissin - Ein Portrait

Prof. Josef Rissin - Ein Portrait

Meisterkurs in Detmold (1)

Meisterkurs in Detmold (1)

Fernsehendung über Prof. Josef Rissin

Fernsehendung über Prof. Josef Rissin

Schubert Fantasie für Violine und Klavier Josef Rissin - Olga Rissin

Schubert Fantasie für Violine und Klavier Josef Rissin - Olga Rissin

P. I. Tchaikovsky - Trio a-Moll op. 50

P. I. Tchaikovsky - Trio a-Moll op. 50

An hour of lesson with Prof. Josef Rissin

An hour of lesson with Prof. Josef Rissin

おすすめアーティスト

ヴァイオリニスト

A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z