Nejiko Suwa (諏訪根自子)

ヴァイオリニスト 日本 (Japan)

Nejiko Suwa (諏訪根自子)。日本の女性ヴァイオリニスト。1920年1月23日生まれ。2012年3月6日没。

東京出身。父親の諏訪順次郎は、山形県庄内地方の豪商で肥料会社を経営する資産家・諏訪八右衛門の子。母親の滝は1923年、満3歳の根自子をロシア出身のヴァイオリニスト小野アンナの弟子、中島田鶴子に入門させた。その後、その才能を認めたアンナに直接ヴァイオリンを師事。さらにロシア人のアレクサンドル・モギレフスキーにも師事。1929年に小野アンナ門下生の発表会で演奏して次第に注目を集め、1930年秋、来日したエフレム・ジンバリストに紹介されてメンデルスゾーンの協奏曲を演奏した。1932年4月9日、東京の日本青年館で初リサイタルを開き「神童」と呼ばれる。1933年から1935年にかけて、コロムビアのSPレコードに小品を録音した。外務省が後援して1936年にベルギーへ留学。1938年にはパリに移って、原智恵子の紹介でカメンスキーに師事。第2次世界大戦中にはドイツではハンス・クナッパーツブッシュの指揮するベルリン・フィルハーモニー管弦楽団と共演した。帰国間もない時期の東宝交響楽団(現・東京交響楽団)との共演でブラームスの「ヴァイオリン協奏曲ニ長調」を演奏した録音がNHKアーカイブスにて保存されている。1960年以後は演奏の第一線から引退する。1978年から1980年に録音されたバッハの「無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ」がキングレコードより発売された。

"諏訪根自子"のおすすめCD、MP3をAmazonで購入

"諏訪根自子"のおすすめYoutubeビデオ

追悼 諏訪根自子 Nejiko Suwa_Humoresque

追悼 諏訪根自子 Nejiko Suwa_Humoresque

諏訪根自子 Nejiko Suwa - The Swan 白鳥(Saint-Saëns)- 1935

諏訪根自子 Nejiko Suwa - The Swan 白鳥(Saint-Saëns)- 1935

Dvorak Indelian Lament Nejiko Suwa,violin インディアン・ラメント 諏訪根自子

Dvorak Indelian Lament Nejiko Suwa,violin インディアン・ラメント 諏訪根自子

EMG Mark Xb plays Nejiko Suwa

EMG Mark Xb plays Nejiko Suwa

Nejiko Suwa (諏訪根自子); Paganini's Praeludium and Allegro

Nejiko Suwa (諏訪根自子); Paganini's Praeludium and Allegro

諏訪根自子 Nejiko Suwa_美はしき天然 on 78rpm record

諏訪根自子 Nejiko Suwa_美はしき天然 on 78rpm record

Nejiko Suwa 諏訪根自子_Drdla ; SOUVENIR on HMV-163

Nejiko Suwa 諏訪根自子_Drdla ; SOUVENIR on HMV-163

おすすめアーティスト

ヴァイオリニスト

A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z