Gerhard Taschner (ゲルハルト・タシュナー)

ヴァイオリニスト ドイツ (Germany)

Gerhard Taschner (ゲルハルト・タシュナー)。ドイツの男性ヴァイオリニスト。1922年5月25日生まれ。1976年7月21日没。

チェコスロバキアのクルノフ(ドイツ語でイェーゲルンドルフ)で、モラヴィア人として生まれた。 祖父にヴァイオリンを師事した後、7歳のときにプラハでデビューし、モーツァルトのヴァイオリン協奏曲第5番を演奏した。 1930-32年にブダペストでイェヌー・フバイに、ウィーンでブロニスワフ・フーベルマンとアドルフ・バクに師事した。10歳のとき、フェリックス・ワインガルトナー指揮のウィーン交響楽団と3つの協奏曲を演奏。17歳のときには、アメリカとドイツへのツアーを経験し、ブルノ市立劇場のコンサートマスターを務めた。1941年、弱冠19歳のとき、ヴィルヘルム・フルトヴェングラーによってベルリン・フィルハーモニー管弦楽団のコンサートマスターに抜擢され、同時にソロ活動も開始した。1943年、21歳のときに37歳のピアニスト、ゲルダ・ネットーテ=ローテと結婚。戦後は、ピアニストのワルター・ギーゼキング、チェリストのルートヴィヒ・ホエルシャーとピアノ・トリオを組み、ギーゼキングやエディット・ファルナディとヴァイオリン・ピアノのレパートリーを演奏したり、カール・ベーム、ゲオルク・ショルティ、ヨーゼフ・ケールベルト、カール・シューリヒトなどの指揮者と協奏曲のレパートリーを演奏した。ヴォルフガング・フォートナーは、ゲルハルト・タシュナーにヴァイオリン協奏曲を献呈し、1947年に演奏された。フォートナーは、タシュナーにヴァイオリン・ソナタも献呈している。1948年、レナード・バーンスタインのもとでドヴォルザークのヴァイオリン協奏曲をウィーンで演奏したが、バーンスタインは当時、彼をアメリカに招くことを断念した。タシュナーの性格は気難しく妥協を許さないもので、しばしば弟子や同僚などとの間に修復不可能な亀裂を生じさせることがあったといわれる。1944年には、ジャン・シベリウスにヴァイオリン協奏曲ニ短調の終楽章を作曲者の指示よりもゆっくりと演奏することを提案したが、シベリウスはこれを受け入れなかった。1940年代後半のリハーサルでは、指揮者のヘルベルト・フォン・カラヤンと芸術的な解釈について意見が合わず、タシュナーはリハーサルを途中で抜け出してコンサートの演奏を拒否し、二人が共演することはなかった。ヨーロッパでは、アドルフ・ブッシュ、フーベルマン、フリッツ・クライスラーの後継者と目されていたが、1960年代初頭、腰の故障が原因で、まだ40歳という若さでコンサートの舞台から退いた。また、1957年にポズナンで開催されたヘンリク・ヴィエニャフスキ・コンクール、1957年と1959年にパリで開催されたマルグリット・ロン=ジャック・ティボー・コンクール、1960年にジェノバで開催されたパガニーニ・コンクール、1963年にブリュッセルで開催されたエリザベート王妃コンクールなど、さまざまなコンクールの審査員を務めた。

"ゲルハルト・タシュナー"のおすすめCD、MP3をAmazonで購入

"ゲルハルト・タシュナー"のおすすめYoutubeビデオ

Gerhard Taschner - BPO - Wilhelm Furtwängler play Fortner (live)

Gerhard Taschner - BPO - Wilhelm Furtwängler play Fortner (live)

Mendelssohn "Violin Concerto" Gerhard Taschner

Mendelssohn "Violin Concerto" Gerhard Taschner

Gerhard Taschner plays Sarasate: Carmen Fantasy op. 25 (1954)

Gerhard Taschner plays Sarasate: Carmen Fantasy op. 25 (1954)

Gerhard Taschner plays Dvorák: Sonatina op. 100 (rec. 1956)

Gerhard Taschner plays Dvorák: Sonatina op. 100 (rec. 1956)

Gerhard Taschner plays Sarasate: Gipsy Airs (Zigeunerweisen)(1944)

Gerhard Taschner plays Sarasate: Gipsy Airs (Zigeunerweisen)(1944)

Gerhard Taschner plays Mendelssohn: Violin Concerto op. 64 (1953)

Gerhard Taschner plays Mendelssohn: Violin Concerto op. 64 (1953)

Gerhard Taschner plays Kreisler: Präludium & Allegro (1953)

Gerhard Taschner plays Kreisler: Präludium & Allegro (1953)

Gerhard Taschner (1922-1976) Plays Tchaikovsky rec.1948

Gerhard Taschner (1922-1976) Plays Tchaikovsky rec.1948

Gerhard Taschner plays Max Bruch with the Berlin Philharmonic "live"

Gerhard Taschner plays Max Bruch with the Berlin Philharmonic "live"

おすすめアーティスト

ヴァイオリニスト

A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z