Aleksandra Maslovaric (アレクサンドラ・マスロヴァリック)

ヴァイオリニスト ドイツ (Germany)

Aleksandra Maslovaric (アレクサンドラ・マスロヴァリック)。ドイツの女性ヴァイオリニスト。

セルビアのベオグラードで生まれ。ヨーロッパと北米で演奏活動を行っている。ベオグラード音楽院でヴァイオリン演奏の学士号を取得した後、カリフォルニア大学ロサンゼルス校でヴァイオリン演奏の修士号を取得。これまでにヴァルドケス・ボヤジャン、マーヤ・ヨカノヴィッチ、フェリシア・モイ、マイケル・ツェイトリン、アレクサンダー・トレッガーに師事。幼い頃からラジオ・テレビジョン・セルビアで放送された全国ネットのテレビ番組に頻繁に出演するなど、定期的に演奏活動を行っている。現在は、ロサンゼルスを本拠地として活動中。2000年代より、クラシックの女性作曲家の作品に注目し始めた。女性が作曲し、演奏した親密な作品を集めたデビューアルバム『Feminae in Musica』をリリース。2009年にFeminae Recordsから初めてリリースされた『Feminae in Musica』は、アメリカ、日本、イギリスをはじめとする世界中のクラシック・ラジオ局で放送されている。2012年4月には、19世紀の女性作曲家が書いた未録音のヴァイオリンとピアノのためのソナタを収録した、セカンドアルバムがリリースされた。収録された作曲家は、生前は非常に高い評価を受けていたが、彼女の死後は全くの無名になっていた。アレクサンドラは、このような状況を改善し、現代の聴衆にこの作曲家の作品を知ってもらうために、この作曲家のヴァイオリン・レパートリーを演奏する複数の都市でのリサイタル・ツアーを行っている。全米レコード芸術科学アカデミー(NARAS)のメンバーとしても活躍しており、2010年には第53回グラミー賞のクラシック審査委員、2010年には、第53回グラミー賞のクラシック審査委員を務めた。また、ASCAP(アメリカ作曲家・著者・出版社協会)のメンバーも務めている。

"アレクサンドラ・マスロヴァリック"のおすすめCD、MP3をAmazonで購入

"アレクサンドラ・マスロヴァリック"のおすすめYoutubeビデオ

Kuyper Concerto - End of First Movement

Kuyper Concerto - End of First Movement

おすすめアーティスト

ヴァイオリニスト

A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z