Nadia Wijzenbeek (ナディア・ビジェンビーク)

ヴァイオリニスト オランダ (Netherlands)

Nadia Wijzenbeek (ナディア・ビジェンビーク)。オランダの女性ヴァイオリニスト。1980年生まれ。

叔母であるヴァイオリン教師のクースイェ・ウィゼンビークからレッスンを受けた。その後、エリザベス・ペリー、ハーマン・クレビャー、デビッド・タケノに師事。アムステルダム音楽院とギルドホール音楽演劇学校を最高の成績で卒業し、コンサート・リサイタル・ディプロマ(「プレミア・プリ」)も授与された。修士号取得後、Leverhulme Fellowshipを得て、ギルドホール音楽演劇学校で3年間学んだ。ソリスト、リサイタル奏者、室内楽奏者として活躍。1999年に当時の放送交響楽団とアムステルダム・コンセルトヘボウで、2004年にはロイヤル・フィルハーモニック・コンサート・オーケストラとロンドンのロイヤル・アルバート・ホールでデビューしている。その後、ウクライナ国立管弦楽団とも共演した。また、ブリュッセルの美術宮殿、プラハのルドルフィヌム、モスクワ、サンクトペテルブルクなどで、オーケストラとのソロ演奏を行った。ロンドン、ストックホルム、アムステルダム、ニジニ・ノヴゴロド、ワルシャワ、リガ、デルフト室内楽フェスティバルなどで室内楽を演奏している。2004年に、チェロのMarie Macleod、ヴィオラのYlvali Zilliacusとともに「Lendvai String Trio」を結成した。このトリオは、アムステルダムのConcertgebouw、ストックホルムのNybrokajen 11、ロンドンのパーセル・ルーム 、バービカン・センター、ウィグモア・ホールなど、ヨーロッパ中で演奏し、「Kirkman Concert Society」、「Park Lane Group」、「Worshipful Company of Musicians」の各賞を受賞している。また、「アロノヴィッツ・アンサンブル」や「BBCニュー・ジェネレーション・アーティスト」のメンバーでもあり、BBCやハイペリオン・レーベルで録音を行っている。マゴゴ室内管弦楽団のコンサートマスターを3年間務めた。2009年からはヒルバーサムのラジオ・チェンバー・フィルハーモニックでコンサートマスターを務めている。2013年にこのオーケストラが解散すると、同じポジションのラジオ・フィルハーモニー管弦楽団に移籍。また、「国際音楽家セミナー」期間中の「Open Chamber Music」、コーンウォールの「Prussia Cove」、スウェーデンの「Lyckeby-Festival」、ドイツの「Mecklenburger Festspiele」、オーストリアの「Steirische Musiksommer」、ギリシャの「Paxos Festival」などのフェスティバルでも演奏している。Iordens Viooldagen、Prinses Christina Concours、Herman Krebbers国際コンクールで受賞した。1997年にDavina van Wely Violin Competitionで優勝し、ロンドンでPhilip and Dorothy Green Awardを受賞した。また、1999年にはオスカー・バック全国ヴァイオリンコンクールで第4位に入賞。メイキング・ミュージック・ヤング・コンサート・アーティスト賞を受賞。

"ナディア・ビジェンビーク"のおすすめCD、MP3をAmazonで購入

"ナディア・ビジェンビーク"のおすすめYoutubeビデオ

Nadia Wijzenbeek, concertmeester Radio Kamer Filharmonie

Nadia Wijzenbeek, concertmeester Radio Kamer Filharmonie

Martinu: String Trio No.2, H.238

Martinu: String Trio No.2, H.238

Magogo kamerorkest

Magogo kamerorkest

おすすめアーティスト

ヴァイオリニスト

A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z