Peter Tanfield (ピーター・タンフィールド)

ヴァイオリニスト イギリス (United Kingdom)

Peter Tanfield (ピーター・タンフィールド)。イギリスの男性ヴァイオリニスト。1961年1月16日生まれ。

4歳からヴァイオリンを始める。イゴール・オジム、フェリックス・アンドリーフスキー、ヘルマン・クレバース、ユーディ・メニューイン、アルベルト・リジーらに師事。ヨーロッパ、中国、日本、インド、カナダ、中東、アフリカ、アメリカ、ソ連など世界各地で演奏活動を行った。カールフレッシュ国際ヴァイオリンコンクール、モーツァルト国際コンクール、バッハ国際コンクールなどで優秀な成績を収めた。1998年から2001年にオーストラリア弦楽四重奏楽団のリーダーを務めた。ピアニストのマイケル・ドゥセック、チェロ奏者のマーガレット・パウエルとともにドゥセック・ピアノトリオとして活動。2008年から2011年の間、Western Australian Academy of Performing Arts (WAAPA)の弦楽部のトップを務めた。2019年現在、タスマニア大学でヴァイオリンを教えている。

"Peter Tanfield"のおすすめCD、MP3をAmazonで購入

"Peter Tanfield"のおすすめYoutubeビデオ

UTas Conservatorium - 'Death of the Rose' Short Film Scoring Session

UTas Conservatorium - 'Death of the Rose' Short Film Scoring Session

おすすめアーティスト

ヴァイオリニスト

A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z