Paul Doktor (パウル・ドクトール)

ヴァイオリニスト オーストリア (Austria)

Paul Doktor (パウル・ドクトール)。オーストリアの男性ヴァイオリニスト。1919年3月28日生まれ。1989年6月21日没。

5歳からヴァイオリンを始める。10代でアドルフ・ブッシュ室内管弦楽団とともにヴァイオリニストとして演奏ツアーを行った。ヴィオラの演奏技術の高さから、メンデルスゾーン五重奏曲とブッシュ四重奏曲の第2ヴィオラ奏者を任された。ジュネーブ国際音楽コンクールでヴィオリストとして全会一致で第1位を受賞。1939年から1947年までルツェルン交響楽団のソロヴィオリストととして活躍。1947年にアメリカに移り、1952年にアメリカの市民権を取得した。ワシントンD.C.の米国議会図書館でアメリカデビュー。バロック、クラシック、モダンの幅広いレパートリーを持っていた。コロンビア大学のアメリカ音楽フェスティバルでは、クインシー・ポーターのヴィオラとオーケストラのための協奏曲の世界初演を行った。ウォルター・ピストンのヴィオラ協奏曲を録音した。BBCでウィルフレッド・ジョゼフの協奏交響曲の初演も行った。ロココ・アンサンブル、ニューヨーク弦楽六重奏団、ニューヨーク・ニューストリング・トリオの創設メンバーで、マックス・レーガーとフランク・マーティンの弦楽三重奏を録音した。ジュリアード音楽院、マネス音楽大学、ニューヨーク大学で教員を務めた。フィラデルフィア音楽アカデミー、ケベック州モントリオール音楽院、フェアリー・ディキンソン大学でもヴィオラを教えた。教育活動での貢献を評価され1977年にArtist-Teacher of the Yearに選出された。

"パウル・ドクトール"のおすすめCD、MP3をAmazonで購入

"パウル・ドクトール"のおすすめYoutubeビデオ

Paul Doktor plays Solo Viola Pieces

Paul Doktor plays Solo Viola Pieces

Paul Doktor plays Eccles Sonata in G Minor

Paul Doktor plays Eccles Sonata in G Minor

Paul Doktor plays American Songs

Paul Doktor plays American Songs

Paul Doktor plays Marais "Tema con Variazioni"

Paul Doktor plays Marais "Tema con Variazioni"

Paul Doktor plays "Boston Fancy"

Paul Doktor plays "Boston Fancy"

Paul Doktor & Nadia Reisenberg play Brahms Sonata for Viola & Piano in F minor Op. 120 No. 1

Paul Doktor & Nadia Reisenberg play Brahms Sonata for Viola & Piano in F minor Op. 120 No. 1

Paul Doktor & Nadia Reisenberg play Brahms Sonata for Viola & Piano in E-flat major Op. 120 No. 2

Paul Doktor & Nadia Reisenberg play Brahms Sonata for Viola & Piano in E-flat major Op. 120 No. 2

Viola and Piano Sonata No. 1 in F minor, Op. 120, No. 1: Allegro appassionato

Viola and Piano Sonata No. 1 in F minor, Op. 120, No. 1: Allegro appassionato

おすすめアーティスト

ヴァイオリニスト

A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z