Cecil Aronowitz (セシル・アーロノヴィッツ)

ヴァイオリニスト イギリス (United Kingdom)

Cecil Aronowitz (セシル・アーロノヴィッツ)。イギリスの男性ヴァイオリニスト。1916年3月4日生まれ。1978年9月7日没。

南アフリカのキング・ウィリアムズ・タウンに生まれる。1933年、ダーバンでスターリング・ロビンズにヴァイオリンを習い始める。2年後ロンドンの王立音楽院で学ぶ。1939年、第2次世界大戦により学業が中断され、その後6年間を軍隊で過ごした。帰国後、ヴィオラに転向した。アマデウス・カルテットからは、弦楽五重奏曲や弦楽六重奏曲のレパートリーで第2ヴィオラを演奏するようになった。1949年春には、ロンドン・フィルハーモニー管弦楽団のヴィオラ奏者に加わった。1950年には、メロス・アンサンブルを共同で設立し、数十年にわたってヴィオリストを務め、テレンス・ワイルがチェリストを務めた。ロンドン・モーツァルト・プレイヤーズと定期的に演奏し、ゴールドスブラ・オーケストラ(後のイギリス室内管弦楽団)の首席ヴァイオリニストを務めた。また、1949年から1978年に亡くなるまで、毎年、アルデバーグ・フェスティバルに出演し、イングリッシュ・オペラ・グループのヴィオラのリーダーとして活躍した。ベンジャミン・ブリテンは、特に室内オペラやチャーチ・オペラにおいて、セシル・アロノヴィッツを念頭に置いて多くのヴィオラ・パートを書いたといわれる。『戦争レクイエム』の室内楽曲はメロス・アンサンブルのために書かれたもので、1962年にコベントリーで行われた初演ではブリテンが指揮した。また、1964年にはブリテンの《カーリュー・リバー》の初演と初録音に参加している[7]。 1976年には、ウィリアム・プリムローズのために1950年に作曲された《ラクリマエ》(元々はヴィオラとピアノのための作品)をヴィオラと弦楽オーケストラのためにアロノヴィッツが作曲した。ヒュー・ウッドの「ヴィオラとピアノのための変奏曲」(1958年)は、1959年7月7日、ウィグモア・ホールで開催された新音楽振興協会のコンサートで、マーガレット・キチンとセシル・アロノウィッツによって初演された。1960年代には、リーダーのヒュー・マグワイア、アイオナ・ブラウン、テレンス・ワイルとともにクレモナ・カルテットに参加している。1976年のアルデバーグ音楽祭では、妻のニコラ・グリュンベルクとともに、ショスタコーヴィチの遺作であるヴィオラとピアノのためのソナタ作品147をロシア国外で初演した。王立音楽大学で25年間ヴィオラと室内楽を教えた後、1973年にマンチェスターに新設された王立北音楽大学の初代弦楽器部長に就任しました。RNCMでは定期的にヴィオラのためのセシル・アロノヴィッツ賞を授与している。

"セシル・アーロノヴィッツ"のおすすめCD、MP3をAmazonで購入

"セシル・アーロノヴィッツ"のおすすめYoutubeビデオ

Mozart: String Quint N3 K516 1/4 Amadeus (6.1966)

Mozart: String Quint N3 K516 1/4 Amadeus (6.1966)

Mozart: String Quint N3 K516 4/4 Amadeus (6.1966)

Mozart: String Quint N3 K516 4/4 Amadeus (6.1966)

Mozart: String Quint N3 K516 3/4 Amadeus (6.1966)

Mozart: String Quint N3 K516 3/4 Amadeus (6.1966)

Mozart: String Quint N3 K516 2/4 Amadeus (6.1966)

Mozart: String Quint N3 K516 2/4 Amadeus (6.1966)

Mozart - String quintet K.515 - Amadeus SQ / Aronowitz Cologne 1953

Mozart - String quintet K.515 - Amadeus SQ / Aronowitz Cologne 1953

Mozart - Piano quartet K.478 - Sillito Aronowitz Heath Britten

Mozart - Piano quartet K.478 - Sillito Aronowitz Heath Britten

おすすめアーティスト

ヴァイオリニスト

A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z