Sarah-Jane Bradley (サラ=ジェーン・ブラッドリー)

ヴィオリスト イギリス (United Kingdom)

Sarah-Jane Bradley (サラ=ジェーン・ブラッドリー)。イギリスの女性ヴィオリスト。

1997年にウィグモア・ホールでデビューして以来、ソリストとして、また室内楽奏者として、国際的に高い評価を得ている。新しい作品の開拓者でもあり、デビッド・マシューズ、ポール・パターソン、マシュー・テイラーなどのソロ・ヴィオラのための新しい協奏曲を数多く初演・録音している。ソリストとして、フィルハーモニア管弦楽団、ハレ管弦楽団、BBC交響楽団、BBCコンサート・オーケストラ、ロイヤル・スコティッシュ・ナショナル管弦楽団、英国室内管弦楽団、シティ・オブ・ロンドン・シンフォニア、ノーザン・シンフォニアなどと共演。ソロ・レコーディングでは、Dutton Epochにイギリスのヴィオラ協奏曲を7枚、Naxosに2枚のリサイタル・ディスクをリリースするしている。また、レオポルド・ストリング・トリオ、ソレル・カルテット、ロンドン・ソリスト・アンサンブルの創設メンバーでもあり、ハイペリオン、シャンドス、ナクソスなどから録音をリリースしている。ピアニストのジョン・レネハンと定期的にリサイタルを行っている他、室内楽奏者として、マールボロやクフモなどのフェスティバルに出演している。また、ロセッティ・アンサンブルやカロロスの創設メンバーであり、アイ・ムジカンティなど多くの室内楽グループとも定期的に共演している。英国王立音楽院とザルツブルグのモーツァルテウムで学んだ後、数々の賞を受賞。1994年のライオネル・ターティス国際ヴィオラ・コンクールで入賞し、現在は同コンクールの実行委員会に所属し、2013年には審査員を務めた。王立音楽院とパーセル・スクールではヴィオラを、ギルドホール音楽演劇学校では室内楽を教えている。

"サラ=ジェーン・ブラッドリー"のおすすめCD、MP3をAmazonで購入

"サラ=ジェーン・ブラッドリー"のおすすめYoutubeビデオ

Rachmaninoff Sonata op.19 for viola and piano (first movement)

Rachmaninoff Sonata op.19 for viola and piano (first movement)

Sarah-Jane Bradley and Anthony Hewitt

Sarah-Jane Bradley and Anthony Hewitt

Haydn Divertimento in D Major

Haydn Divertimento in D Major

Rachmaninoff Sonata op.19 for viola and piano (second movement)

Rachmaninoff Sonata op.19 for viola and piano (second movement)

Beethoven/Lachner - Piano Concerto No. 5 'Emperor'

Beethoven/Lachner - Piano Concerto No. 5 'Emperor'

おすすめアーティスト

ヴィオリスト

A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z