Albert Markov (アルバート・マルコフ)

ヴァイオリニスト ロシア (Russia) アメリカ (United States)

Albert Markov (アルバート・マルコフ)。ロシアの男性ヴァイオリニスト。1933年5月8日生まれ。

作曲家、指揮者、教育者として名高い。当時、著名なソ連クラシック音楽家として知られた。1959年にエリザベート王妃国際コンクールで第1位と併せてイザイ賞を受賞。息子のアレクサンダー・マルコフも著名なヴァイオリニスト。ウクライナの ハルキウ生まれ。ユリ・ヤンケレヴィッチ、アドルフ・アレチンスキーにヴァイオリンを、アラム・ハチャトゥリアンに作曲を師事。1975年に亜米利加へ移住。1976年にヒューストン交響楽団と共演してアメリカデビュー。ソリストとして、リンカーンセンター、ケネディセンター、カーネギーホールなどでコンサートを開いた。シカゴ、ロサンゼルス、フィラデルフィア、ヒューストン、トロント、モントリオールなどのアメリカ各地を始め、、ヨーロッパ、アジア、アフリカの都市でコンサートを行った。ジェームズ・コンロン、ネーメ・ヤルヴィ、ダヴィド・・ツィンマン、秋山和慶、ルーカス・フォス、シクステン・エールリンクらの指揮者と共演。ピアニストでは、ダヴィッド・アシュケナージ、ベラ・ダヴィドヴィチ、オクサナ・ヤブロンスカヤ、ドミトリ・コーガンらと共演している。息子のヴァイオリニストのアレクサンダー・マルコフとはデュオとして共演。録音ではョスタコーヴィチ、シマノフスキー、パガニーニ、モーツァルト、ヴィエニャフスキ、ウルヴィ・ジェマル・エルキン、ビジナ・クヴェルナーゼのヴァイオリン協奏曲をリリースしている。自身も数多くの作品を作曲を手掛け、中国ヴァイオリン協奏曲、Formosa組曲などが有名でロシア国立管弦楽団と協演して録音している。6つのヴァイオリンラプソディ、ヴァイオリンソナタも作曲している。1983年から2003年までロンド室内管弦楽団の音楽監督を務め、ソリストと指揮者として活躍した。モスクワのグネーシン音楽学校、マネス音楽学校、1981年からはマンハッタン音楽学校の教員を務めている。

"アルバート・マルコフ"のおすすめCD、MP3をAmazonで購入

"アルバート・マルコフ"のおすすめYoutubeビデオ

Albert Markov & David Ashkenazy - Porgy Rhapsody

Albert Markov & David Ashkenazy - Porgy Rhapsody

Albert Markov plays Elgar

Albert Markov plays Elgar

Markov - Zapateado

Markov - Zapateado

Albert Markov - China Concerto - Part I.wmv

Albert Markov - China Concerto - Part I.wmv

Markov - Danse Espagnole

Markov - Danse Espagnole

Albert Markov il fuoriclasse - Zapateado [UNA MELA AL GIORNO]

Albert Markov il fuoriclasse - Zapateado [UNA MELA AL GIORNO]

Albert & Alexander Markov

Albert & Alexander Markov

Albert Markov - Carnevale de Venezia, after N.Paganini

Albert Markov - Carnevale de Venezia, after N.Paganini

おすすめアーティスト

official

ヴァイオリニスト

A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z