Alban Beikircher (アルバン・バイキルヒャー)

ヴァイオリニスト イタリア (Italy)

Alban Beikircher (アルバン・バイキルヒャー)。イタリアの男性ヴァイオリニスト。1967年生まれ。

イタリアの南チロル州ブルーニコ出身。イタリア系スイス人のヴァイオリニスト。ザールブリュッケンのジョシュア・エプスタインのもとで大学課程を修了し、ロンドンのギルドホール音楽演劇学校ではイフラー・ニーマンのソリストクラスで学んだ。ヨーロッパ、イスラエル、中国、サウジアラビア、エジプトでコンサート活動を行っている。「モーツァルト・イヤー2006」では、ピアニストのアンソニー・スピリとともに、フィルハーモニー・エッセンの招待で、モーツァルトの全ソナタを5つのパートに分けて、現代作品と組み合わせて演奏した。ソリストとして、ミュンヘン交響楽団、ミュンヘン室内管弦楽団、ルーマニア国立フィルハーモニー管弦楽団アラド、セゲド州立歌劇場交響楽団、シレジア室内フィルハーモニー管弦楽団カトヴィツェ、シュトゥットガルト室内交響楽団などと共演している。フォルクヴァング室内管弦楽団やポッターバー交響楽団ロンドンのゲストコンサートマスターを務めた。E.T.A.ホフマン・トリオでヴァイオリンを演奏した後、アリオン・カルテットの主席ヴァイオリニスト、バランス・トリオのヴァイオリニストを長年務めた。アルバン・ベイキルヒャーは、2006年以降、自身が設立したコルンゴルト・カルテットのプリマリウスを務めている。バート・ザールガウ国立音楽大学のヴァイオリン教師を務めており、同大学では自身が設立した「トンクンスト」フェスティバルのディレクターも務めている。2008年には、14歳から20歳までの若者を対象としたオーケストラ、JPO(Junge Philharmonie Oberschwaben)を設立し、古典・ロマン派の中心的な作品に取り組んでいる。現代音楽に強く傾倒しており、これまでにエルンスト・クレネク、ヴィルフリート・ヒラー、アンドレアス・N・タークマン、ペーター・マイケル・ハーメル、クラウス・ハシャーゲン、トビアス・ペシャネル、アンドゥル・マトゥシュカ、アレクサンダー・クランペなどの作品を初演している。

"アルバン・バイキルヒャー"のおすすめCD、MP3をAmazonで購入

"アルバン・バイキルヒャー"のおすすめYoutubeビデオ

Paganini  Le Streghe   Alban BEIKIRCHER in S Nicolo

Paganini Le Streghe Alban BEIKIRCHER in S Nicolo

Schumann - Sonata for Violin & Piano No. 3 (Intermezzo) - Alban Beikircher & Benedikt Koehlen

Schumann - Sonata for Violin & Piano No. 3 (Intermezzo) - Alban Beikircher & Benedikt Koehlen

Violin Sonata No. 2 in G Major, Op. 13: III. Allegro animato

Violin Sonata No. 2 in G Major, Op. 13: III. Allegro animato

Irkanda IV von Peter Sculthorpe

Irkanda IV von Peter Sculthorpe

おすすめアーティスト

ヴァイオリニスト

A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z