Laura Zarina (ローラ・ザリーナ)

ヴァイオリニスト ラトビア (Latvia)

Laura Zarina (ローラ・ザリーナ)。ラトビアの女性ヴァイオリニスト。

ラトビアでアンドリス・バウマニス、ロマンス・スネ、イゴルス・ドリンス、ドイツでペトル・ムンテアヌ、ウルフ・ヴァリンの下でヴァイオリンを学んだ。マスタークラスでは、ミハエラ・マルティン、ミリアム・フリード、トーマス・ブランディス、堀米ゆず子、ベルンハルト・フォルク、ルノー・カプソン、イゴール・オイストラフ、東京弦楽四重奏団に師事。2011年のスイス国際音楽アカデミーでは、小澤征爾、ロバート・マン、パメラ・フランク、今井信子、原田禎夫と、またヴィラ・ムジカ・マインツではメナヘム・プレスラーと共演し、さらなる研鑽を積んだ。国内外のコンクールで数々の賞を受賞しており、最近ではヴィラ・ムジカの若手演奏家賞や、イタリアのゴリツィアで行われた国際コンクール「プレミオ・ロドルフォ・リピゼール」でのシューベルト解釈で特別賞を受賞している。最近では、ヴァイオリン、室内楽、オーケストラの指導を行っている。フランクフルトで教育学の修士号を取得。2021年秋より、ドイツ・フランクフルトのホッホ音楽院でヴァイオリンを教えている。ソロ・ヴァイオリニストとして、カナダ・オペラ・カンパニー、国立ラトビア交響楽団、国立ラトビア・オペラ・オーケストラ、リエパヤ交響楽団、エストニア交響楽団、マインツ室内オーケストラ、北ドイツフィル・ロストックとコンサートを行っている。2019年、ラトビア系カナダ人の作曲家J.カルニンスのヴァイオリン協奏曲をカナダ音楽センターのレーベルで録音した。室内楽奏者として、フロリダ州サラソタのLaMusica(ブルーノ・ジュランナ指揮)、スイスのモンテベロ音楽祭とエンガディン音楽祭、フランスのシャンベリーの「Rencontres de Musique de Chambre」、ルガーノ(スイス)のマルタ・アルゲリッチプロジェクト、ホーエンローエ文化の夏、メクレンブルク・フォアポメルン音楽祭、バート・ヘルスフェルト音楽祭、ヘッセン/チューリンゲンのバッハ音楽祭など、数多くの音楽祭に参加している。室内楽では、ブルーノ・ジュランナ、アントニオ・メネス、マリー=エリザベート・ヘッカー、エヴァ・ビンデレ、フェデリコ・アゴスティーニ、ホセ・フランチ=バレスター、ジョナサン・アナー、リリット・グリゴリアン、デニス・コジュキン、ハイケ・マティーセンらと共演している。

"ローラ・ザリーナ"のおすすめYoutubeビデオ

LIPIZER2012-ZARINA LAURA-ELIM.

LIPIZER2012-ZARINA LAURA-ELIM.

G.Fauré - Piano Quartet No.1 in C minor, Op.15 1st Movement

G.Fauré - Piano Quartet No.1 in C minor, Op.15 1st Movement

Laura Zarina plays Violin Concerto by Janis Kalnins

Laura Zarina plays Violin Concerto by Janis Kalnins

Laura Zarina beim Sommerfest der Villa Musica

Laura Zarina beim Sommerfest der Villa Musica

コメント

おすすめアーティスト

youtube

ヴァイオリニスト

A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z