Julia Rebekka Adler (ジュリア・レベッカ・アドラー)

ヴィオリスト ドイツ (Germany)

Julia Rebekka Adler (ジュリア・レベッカ・アドラー)。ドイツの女性ヴィオリスト。1978年生まれ。

ヴィオラ、ヴィオラ・ダモーレ奏者。6歳でヴィオラを始める。若手音楽家のためのドイツ連邦コンクールで第1位を受賞。インターロッケン芸術センターキャンプ、アスペン音楽祭に参加。フライブルク音楽大学でキム・カシュカシャン、ヨハネス・ルーシー、ヴォルフラム・クリストにヴィオラを師事。ウォルター・レヴィン、ユーリ・バシュメットのマスタークラスを受講。ベルリン芸術大学でハルトムート・ローデ (Hartmut Rohde)に師事。1994年にダリウス・ミヨーのヴィオラ協奏曲第1番の録音、2009年にミェチスワフ・ヴァインベルクのヴィオラ・ソナタの録音をリリース。これまでにバーデン・バーデナー・フィルハーモニー、ノイエ フィルハーモニー ヴェストファーレンなどのオーケストラと共演。ミュンヘン・フィルハーモニーの共同ソリストを務めている。ピアニストのヤッシャ・ネムツォフ (Jascha Nemtsov)とデュオとしても活動。

"ジュリア・レベッカ・アドラー"のおすすめCD、MP3をAmazonで購入

"ジュリア・レベッカ・アドラー"のおすすめYoutubeビデオ

Alexander Weprik: Rhapsody for viola and piano. Finale. Julia Rebekka Adler + Jascha Nemtsov

Alexander Weprik: Rhapsody for viola and piano. Finale. Julia Rebekka Adler + Jascha Nemtsov

Mieczyslaw Weinberg: Sonata for Viola solo Nr. 1, Julia Rebekka Adler

Mieczyslaw Weinberg: Sonata for Viola solo Nr. 1, Julia Rebekka Adler

Viola solo 'vivace' Julia Rebekka Adler plays Druzhinin Дружинин

Viola solo 'vivace' Julia Rebekka Adler plays Druzhinin Дружинин

Weprik: Songs of Dead, Julia Rebekka Adler, viola + Jascha Nemtsov, piano

Weprik: Songs of Dead, Julia Rebekka Adler, viola + Jascha Nemtsov, piano

Viola Sonata: I. Largamente

Viola Sonata: I. Largamente

Zikmund Schul: Chassidic Dance for viola and violoncello,  Julia Rebekka  Adler+Thomas Ruge

Zikmund Schul: Chassidic Dance for viola and violoncello, Julia Rebekka Adler+Thomas Ruge

Pablo Aguirre: Liberación - tango contemporáneo para viola y piano

Pablo Aguirre: Liberación - tango contemporáneo para viola y piano

おすすめアーティスト

ヴィオリスト

A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z