Serge Blanc (セージ・ブラン)

ヴァイオリニスト フランス (France)

Serge Blanc (セージ・ブラン)。フランスの男性ヴァイオリニスト。1929年12月31日生まれ。2013年6月29日没。

パリ生まれ。パリ国立音楽・舞踊高等学校でジュール・ブシュリに師事。13歳で既にモーツァルトのヴァイオリン協奏曲やサン=サーンスの「ハバネラ」を公開演奏していた。15歳のときアルフレッド・コルトーとレイナルド・アーンやフォーレのヴァイオリンソナタを演奏した。1949年のロン=ティボー国際コンクールのヴァイオリン部門で第3位を受賞(1位なし、2位はクリスチャン・フェラス)。ジョルジェ・エネスクやナディア・ブーランジェらとコンサートを開いた。1952年にアメリカへ渡り、シャルル・ミュンシ指揮のボストン交響楽団とタングルウッド音楽祭で共演。アメリカではジュリアード音楽院でイヴァン・ガラミアンに指揮を師事している。フランスに戻ってからは、ピアニストのオデット・ガルテンローブ、アントニオ・ルイス=ピポー、ヴィオリストのクリストス・ミヒャラカコスらと演奏ツアーを行った。1987年にアントニオ・ルイス=ピポーはブランにヴァイオリンと弦楽オーケストラのための作品を献呈している。1973年にフランス放送フィルハーモニー管弦楽団の音楽監督に就任した。教育活動にも携わり、エコールノルマル音楽院で室内楽の教授、パリ国立音楽・舞踊高等学校でヴァイオリンと室内楽を教えた。

"セージ・ブラン"のおすすめCD、MP3をAmazonで購入

"セージ・ブラン"のおすすめYoutubeビデオ

Serge Blanc plays Beethoven: Romance en Sol

Serge Blanc plays Beethoven: Romance en Sol

Serge Blanc plays Beethoven Romance en Sol

Serge Blanc plays Beethoven Romance en Sol

Violin Concerto in D - 3. Aria II

Violin Concerto in D - 3. Aria II

String Quartet in G Minor Op. 10 - 1. Animé Et Très Décidé

String Quartet in G Minor Op. 10 - 1. Animé Et Très Décidé

Serge Blanc plays Saint-Saëns - Introduction et Rondo Capriccioso

Serge Blanc plays Saint-Saëns - Introduction et Rondo Capriccioso

Serge Blanc plays Saint Saëns: Introduction et Rondo Capriccioso

Serge Blanc plays Saint Saëns: Introduction et Rondo Capriccioso

RARE! Enescu plays Piano - Sonata Nr.3 for Violin & Piano, Serge Blanc (Violin), Live 1952

RARE! Enescu plays Piano - Sonata Nr.3 for Violin & Piano, Serge Blanc (Violin), Live 1952

Serge Blanc et son maître Jules Boucherit (1942)

Serge Blanc et son maître Jules Boucherit (1942)

おすすめアーティスト

ヴァイオリニスト

A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z