Naoya Urakawa (浦川宜也)

ヴァイオリニスト 日本 (Japan)

Naoya Urakawa (浦川宜也)。日本の男性ヴァイオリニスト。1940年4月13日生まれ。

東京都出身。1949年の9歳の時、全日本学生音楽コンクール全国大会小学生の部で第1位を受賞。1951年、11歳で第1回リサイタルを開催。1953年の13歳の時、第22回日本音楽コンクールで入賞。鈴木鎮一、小野アンナ、井上武雄に師事。1959年、ベルリン芸術大学に留学し、ミシェル・シュヴァルベに師事。1961年、ミュンヘン国立音楽大学に移り、ウイルヘルム・シュトロスに師事。1964年、首席最優秀賞で同大学を卒業後、西ドイツ・ファルツ交響楽団に入団。1965年、バンベルク交響楽団の第1コンサートマスターに就任。ベルリン交響楽団、オランダ・ブラバント交響楽団などと共演。1975年より録音活動に本格的に取り組むようになり、バルトークの無伴奏ソナタで高い評価を受けた。ピアニストのフランツ・ルップ (Franz Rupp)とベートーヴェン、ブラームスのヴァイオリンソナタの全曲録音をリリース。1981年、東京芸術大学音楽学部器楽科助教授、1984年に同大学の教授に就任(2008年に退任)。2002年に東京音楽大学大学院の講師、2004年からは客員教授に就任し、2016年まで務めた。楽譜校訂にも携わり、ベートーヴェンのヴァイオリンソナタ、バッハ無伴奏作品、モーツァルト協奏曲他多数の校訂を行っている。1986年、ドイツ連邦共和国功労勲章一等功労十字章を授与される。

"浦川宜也"のおすすめCD、MP3をAmazonで購入

"浦川宜也"のおすすめYoutubeビデオ

Amazing Grace, Theme and Variations for solo violin

Amazing Grace, Theme and Variations for solo violin

E.Chausson TATENO Izumi×URAKAWA Takaya/Concerto for Violin,Piano and String Quartet in D Major,Op.21

E.Chausson TATENO Izumi×URAKAWA Takaya/Concerto for Violin,Piano and String Quartet in D Major,Op.21

矢代秋雄《ヴァイオリンとピアノのためのセレナーデ》より(ヴァイオリン:浦川宜也、ピアノ:岡本美智子)

矢代秋雄《ヴァイオリンとピアノのためのセレナーデ》より(ヴァイオリン:浦川宜也、ピアノ:岡本美智子)

TAKAYA URAKAWA - KREISLER: GITANA

TAKAYA URAKAWA - KREISLER: GITANA

浦川宜也 / Marino Capicchioni "ex Urakawa"

浦川宜也 / Marino Capicchioni "ex Urakawa"

おすすめアーティスト

ヴァイオリニスト

A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z