Hae Sun Kang (カン・ヘスン)

ヴァイオリニスト 韓国 (Korea)

Hae Sun Kang (カン・ヘスン)。韓国の女性ヴァイオリニスト。

3歳からヴァイオリンを始める。15歳でパリ国立高等音楽院(CNSMDP)に入学し、クリスチャン・フェラスに師事。ロドルフォ・リパイザー(イタリア)、カール・フレッシュ(ロンドン)、ユーディ・メニューイン(パリ)、ARD(ミュンヘン)など国際的な賞を受賞している。1993年にパリ管弦楽団の第1ヴァイオリン奏者となり、1994年にはアンサンブル・アンテルコンタンポランに参加した。ピエール・ブーレーズの「ヴァイオリンとエレクトロニクスのためのアンセムII」(ドナウエッシンゲン、1997年)など、ヴァイオリンのための作品を数多く初演しており、ドイツ・グラモフォンと録音やヨーロッパとアメリカで定期的に演奏を行っている。また、パスカル・デュサパン、イヴァン・フェデレ、マティアス・ピンチャー、ウンスク・チン、ビート・フラー、マイケル・ジャレルの作品を演奏している。フィリップ・シューラーの「Elfique」、ビート・フラーのヴァイオリンのための作品(ベルリン・ウルトラシャル・フェスティバル、2007年)、ウンスク・チンの「Double Bind」 ジョルジュ・アペルギスの「The Only Line」(Munich Opernfestspiele)、マルコ・ストロッパの「Hist Wist」(Printemps des Arts of Monaco, 2008)、ブルーノ・マントヴァーニのピアノとヴァイオリンのための「All 'ungarese」(Messiaen Festival, 2009)、藤倉大の「Samarasa」(Messiaen Festival, 2010)など、自分に捧げられた作品のリサイタルを行っている。また、フィリップ・マヌーリ作曲のヴァイオリンとオーケストラのための「シナプス」を2010年にシュトゥットガルトで初演し、2011年にはストラスブール・フィルハーモニー管弦楽団、フランス放送フィルハーモニー管弦楽団、ソウル・フィルハーモニー管弦楽団と再演した。2012年のルツェルン音楽祭では、フィリップ・マヌーリ作曲の独奏ヴァイオリンとエレクトロニクスのための「パルティータII」、2013年には、フィリップ・ユレルのヴァイオリンとチェロのための「Trait d'Union」を初演した。また、シテ・ド・ラ・ムジークでは、アンサンブル・アンテルコンタンポランとの共演で、ブリス・ポーゼのヴァイオリンとアンサンブルのための「ヴィタ・ノヴァ」を演奏している。パリの国立高等音楽院で教鞭をとっいる。

"カン・ヘスン"のおすすめCD、MP3をAmazonで購入

"カン・ヘスン"のおすすめYoutubeビデオ

ENSEMBLE LINEA - PHILIPPE MANOURY - B PARTITA

ENSEMBLE LINEA - PHILIPPE MANOURY - B PARTITA

György Ligeti: Violin Concerto (1990, rev. 92)

György Ligeti: Violin Concerto (1990, rev. 92)

Traiettorie 2020 - Auguri da Hae-Sun Kang

Traiettorie 2020 - Auguri da Hae-Sun Kang

Prismes

Prismes

Anthèmes 2 pour violon et électronique

Anthèmes 2 pour violon et électronique

Martin Matalon's "Trace VIII" by performed Hae-sun Kang (violin)

Martin Matalon's "Trace VIII" by performed Hae-sun Kang (violin)

コメント

おすすめアーティスト

ヴァイオリニスト

A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z