Susanna Perry Gilmore (スザンナ・ペリー・ギルモア)

ヴァイオリニスト アメリカ (United States)

Susanna Perry Gilmore (スザンナ・ペリー・ギルモア)。アメリカの女性ヴァイオリニスト。

ソロ・アーティスト、室内楽奏者、オーケストラのコンサートマスターとして、多方面で活躍している。モダン楽器とピリオド楽器の両方で演奏し、クラシックからフィドリングまで多様なスタイルを持っている。オマハ交響楽団のソリストとして、マスターワークス、ジョスリン、シンフォニー・ポップス・シリーズに頻繁に出演している。最近の演奏では、マックス・ブルッフのスコットランド幻想曲、ケルティック・ジャーニーなどがある。Magic of the Emerald Isle」などがある。近年では、ラヴェルのツィガーヌ、ベルクのヴァイオリン協奏曲、プロコフィエフのバイオリン協奏曲第1番、ヴィヴァルディの四季、モーツァルトのヴァイオリン協奏曲第5番、コルンゴルトのバイオリン協奏曲、リムスキー・コルサコフのシェヘラザード、シュトラウスのアイン・ヘルンレーベンを演奏している。室内楽奏者としてキャリアをスタートさせた、26歳でメンフィス交響楽団のコンサートマスターに就任。2011年、オマハ交響楽団にコンサートマスターとして入団。2014年からは、高い評価を得ているピリオド楽器アンサンブル、グラミー賞受賞のApollo's Fire(クリーブランド)のバロック・バイオリンとフィドルのソリストおよび共同コンサートマスターとして頻繁に活動し、CDの「Sugarloaf Mountain: An Appalachian Gathering」「Sephardic Journey: Wanderings of the Spanish Jews」(いずれもビルボードトップ10クラシックベストセラー)に参加している。幼少期にはインディアナ大学のミミ・ツヴァイグにヴァイオリンを習い始めた。ブレア音楽院のプレカレッジ・プログラムでクリスチャン・ティールに師事した。英国にわたり、オックスフォード大学(英国)で音楽学を学び、イフラー・ニーマンに個人的に師事しながら、古楽と交響曲のレパートリーを演奏した。ロンドンのギルドホール音楽演劇学校の上級ソロ・スタディ・プログラムにて大学院生時代を過ごした。アメリカ帰国後、ニューイングランド音楽院でジェームズ・バスウェルに師事し、ヴァイオリン演奏の修士号を取得した。また、ナッシュビルとイギリスに住んでいた頃、アイリッシュセッションに参加し、ケルティックフィドルの演奏を学んだ。

"スザンナ・ペリー・ギルモア"のおすすめCD、MP3をAmazonで購入

"スザンナ・ペリー・ギルモア"のおすすめYoutubeビデオ

Tres Hermanikas (The Three Sisters) from "Mediterranean Roots" - Amanda Powell, Apollo's Fire

Tres Hermanikas (The Three Sisters) from "Mediterranean Roots" - Amanda Powell, Apollo's Fire

Omaha Symphony presents Vivaldi's Four Seasons

Omaha Symphony presents Vivaldi's Four Seasons

Glory in the Meeting House  from SUGARLOAF MOUNTAIN - Apollo's Fire (6/6)

Glory in the Meeting House from SUGARLOAF MOUNTAIN - Apollo's Fire (6/6)

コメント

おすすめアーティスト

ヴァイオリニスト

A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z