Dylana Jenson (ディラーナ・ジェンソン)

ヴァイオリニスト アメリカ (United States)

Dylana Jenson (ディラーナ・ジェンソン)。アメリカの女性ヴァイオリニスト。1961年5月14日生まれ。

2歳10カ月から母親にバイオリンを習い、その後、著名なバイオリン教師であるマニュエル・コンピンスキー、国際的に著名なコンサート・ヴァイオリニストであるナタン・ミルシテイン、ヴァイオリン教育者であるジョセフ・ギンゴールドに師事した。8歳でメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲を演奏してデビュー。9歳でジャック・ベニーのテレビ番組に出演し、ベニーの有名なデュエット曲をジゼル・マッケンジーと再現した。11歳のとき、シンシナティ交響楽団とチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲を共演。13歳までに、エイブリー・フィッシャー・ホール(リンカーン・センター・フォー・ザ・パフォーミング・アーツ)でニューヨーク・フィルハーモニー管弦楽団やロサンゼルス・フィルハーモニー管弦楽団など、アメリカの主要なオーケストラと共演。1978年には、17歳にして、モスクワで開催されたチャイコフスキー国際コンクールで銀メダルを獲得。1980年12月9日、カーネギーホールでユージン・オーマンディ指揮のフィラデルフィア管弦楽団とシベリウスのヴァイオリン協奏曲を演奏してデビューした。1981年にはRCA Red Sealにシベリウスのヴァイオリン協奏曲とサンサーンスの序奏とロンド・カプリチオーソをユージン・オーマンディ指揮のフィラデルフィア管弦楽団と録音した。ミシガン州グランドラピッズにあるグランドバレー州立大学の特別教授、ノートルダム大学のヴァイオリン客員准教授を歴任。教鞭をとる傍ら、演奏活動も続けているが、有名なコンサート・アーティストに比べてスケジュールは少なく、一流のオーケストラではなく地方のオーケストラとの共演が多い。夫の指揮するグランドラピッズ交響楽団との共演も多い。近年は、ボルティモア交響楽団、サンタバーバラ交響楽団、インディアン・ヒル・オーケストラ'(マサチューセッツ州リトルトン)、ルイジアナ・フィルハーモニー管弦楽団、ニューメキシコ交響楽団と共演し、バークシャー、イースタンなどの有名な音楽祭にも参加している。また、オーストラリアや日本へのツアーも行っており、12歳の時にはコスタリカの音楽への貢献が認められ、名誉市民となった。

"ディラーナ・ジェンソン"のおすすめCD、MP3をAmazonで購入

"ディラーナ・ジェンソン"のおすすめYoutubeビデオ

Dylana Jenson Beethoven Pt 1

Dylana Jenson Beethoven Pt 1

Didn't you used to be Dylana Jenson?

Didn't you used to be Dylana Jenson?

Part 1 Dylana Jenson Sibelius Violin Concerto Live

Part 1 Dylana Jenson Sibelius Violin Concerto Live

Dylana Jenson with Jack Benny!

Dylana Jenson with Jack Benny!

Dylana Jenson - Tchaikovsky Violin Concerto Mvt 1 pt. 1

Dylana Jenson - Tchaikovsky Violin Concerto Mvt 1 pt. 1

DYLANA JENSON CON LA OSPA

DYLANA JENSON CON LA OSPA

Dylana Jenson 'Kreutzer' 1st mov

Dylana Jenson 'Kreutzer' 1st mov

Dylana Jenson and mother talk at SAA 2016 Conference

Dylana Jenson and mother talk at SAA 2016 Conference

Dylana Jenson - Tchaikovsky Violin Concerto Mvt 1 pt 2

Dylana Jenson - Tchaikovsky Violin Concerto Mvt 1 pt 2

おすすめアーティスト

ヴァイオリニスト

A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z