Valeriy Sokolov (ヴァレリー・ソコロフ)

ヴァイオリニスト ウクライナ (Ukraine)

Valeriy Sokolov (ヴァレリー・ソコロフ)。ウクライナの男性ヴァイオリニスト。1986年9月22日生まれ。

ウクライナのハルキウ生まれ。1999年にスペインのパンプローナで開催されたパブロ・サラサーテ国際ヴァイオリンコンクールで学習助成賞を受賞したことで、奨学金を得てユーディ・メニューイン音楽学校に入学し、ナタリア・ボヤルスカヤに師事した。ジョルジェ・エネスク音楽祭でベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲の演奏で一等賞を受賞。エネスクのヴァイオリンソナタ第3番の演奏でエネスク財団賞、最優秀演奏賞を受賞。2006年から2007年にかけて、ダグラス・ボイド指揮のヨーロッパ室内管弦楽団、ヤン・パスカル・トルトゥリエ指揮のボーンマス交響楽団と共演。2007年の夏にアスペン音楽祭でアメリカデビュー。2008年には、ロシアの作曲家ボリス・ティシチェンコのヴァイオリンとピアノのための協奏曲をニューヨークのカーネギーホール及びワシントンのアメリカ議会図書館で、アメリカでの初演を行った。2009年には指揮者のローレンス・フォスターとともにエネスクのヴァイオリン・ソナタ第3番の録音をリリースした。現在はドイツ在住。ロッテルダム・フィルハーモニー管弦楽団、東京交響楽団、フランス国立管弦楽団など著名なオーケストラと数多く共演し、世界的に演奏活動を行っている。2017年の来日の祭には、上岡敏之指揮の新日本フィルとともにブラームスのヴァイオリン協奏曲を演奏した。

"ヴァレリー・ソコロフ"のおすすめCD、MP3をAmazonで購入

"ヴァレリー・ソコロフ"のおすすめYoutubeビデオ

Valeriy Sokolov - Tchaikovsky & Bartok Violin Concertos

Valeriy Sokolov - Tchaikovsky & Bartok Violin Concertos

Music Arts Talk Premiere (Valeriy Sokolov)

Music Arts Talk Premiere (Valeriy Sokolov)

№138  Saint Saens Introduction and Rondo Capriccioso Valeriy Sokolov

№138 Saint Saens Introduction and Rondo Capriccioso Valeriy Sokolov

Bartok/Szigeti - Chants Hongrois. Valeriy Sokolov (violin), Svetlana Kosenko (piano)

Bartok/Szigeti - Chants Hongrois. Valeriy Sokolov (violin), Svetlana Kosenko (piano)

Prokofiev - Violin Sonata no.2, MVT 1. Valeriy Sokolov (violin), Svetlana Kosenko (piano)

Prokofiev - Violin Sonata no.2, MVT 1. Valeriy Sokolov (violin), Svetlana Kosenko (piano)

Valeriy Sokolov - Tchaikovsky & Bartok Violin Concertos

Valeriy Sokolov - Tchaikovsky & Bartok Violin Concertos

№138  Saint Saens Introduction and Rondo Capriccioso Valeriy Sokolov

№138 Saint Saens Introduction and Rondo Capriccioso Valeriy Sokolov

Valeriy Sokolov plays Sibelius

Valeriy Sokolov plays Sibelius

Valeriy Sokolov plays Khachaturian Violin Concerto and Beethoven Sonata op. 30 No. 2

Valeriy Sokolov plays Khachaturian Violin Concerto and Beethoven Sonata op. 30 No. 2

おすすめアーティスト

officialmanagementother

ヴァイオリニスト

A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z