Matthias Well (マットシアス・ウェル)

ヴァイオリニスト ドイツ (Germany)

Matthias Well (マットシアス・ウェル)。ドイツの男性ヴァイオリニスト。

5歳より音楽の勉強を始める。16歳のときミュンヘン音楽・演劇大学に入学し、ソニア・コーケアラに師事。ザハール・ブロン、バイバ・スクリデ、ダニエル=ミュラー・スコットのマスタークラスも受講。2017年にハンブルクでファニー・メンデルスゾーン賞を受賞。同年デビューアルバム「Funeralissimo」をリリース。ソリストとして、ミュンヘン・フィルハーモニー管弦楽団、ウィーン国際管弦楽団のメンバーと共演している。室内楽では、チェリストのイシュトヴァーン・ヴァルダイ、ヴァイオリニストのキリル・トルソフらと四重奏の演奏を行っている。

"マットシアス・ウェル"のおすすめCD、MP3をAmazonで購入

"マットシアス・ウェル"のおすすめYoutubeビデオ

MHIVC 2019 Round 1: Matthias Well ("Those were the days" a Russian folk song)

MHIVC 2019 Round 1: Matthias Well ("Those were the days" a Russian folk song)

MHIVC 2019 Round 1: Matthias Well ("I’ve met you & Mama“ a Russian folk song)

MHIVC 2019 Round 1: Matthias Well ("I’ve met you & Mama“ a Russian folk song)

Festival der Preisträger - Matthias Well

Festival der Preisträger - Matthias Well

Brahms Violin Sonata No.3 in D minor - Matthias Well(violin) and Lilian Akopova (piano)

Brahms Violin Sonata No.3 in D minor - Matthias Well(violin) and Lilian Akopova (piano)

Matthias Well - Tschaikowsky Violin Concerto in D -major

Matthias Well - Tschaikowsky Violin Concerto in D -major

Matthias Well - Funeralissimo: A lively tribute to funeral music of different cultures

Matthias Well - Funeralissimo: A lively tribute to funeral music of different cultures

Matthias Well plays Astor Piazzolla (1921–1992) "Oblivion"

Matthias Well plays Astor Piazzolla (1921–1992) "Oblivion"

Matthias Well, Geige

Matthias Well, Geige

Festival der Preisträger - Matthias Well

Festival der Preisträger - Matthias Well

MHIVC 2019 Round 2: Matthias Well (Brahms: Sonata No 3 in D minor, Op 108)

MHIVC 2019 Round 2: Matthias Well (Brahms: Sonata No 3 in D minor, Op 108)

おすすめアーティスト

ヴァイオリニスト

A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z