Steven Staryk (スティーヴン・スターリク)

ヴァイオリニスト カナダ (Canada)

Steven Staryk (スティーヴン・スターリク)。カナダの男性ヴァイオリニスト。1932年生まれ。

カナダのオンタリオ州トロントで、ウクライナ系の家系に生まれた。7歳のときにハーバード・カレッジ・インスティテュートで音楽教育を受ける。その後、王立音楽院(トロント)とニューヨークでアルバート・プラッツに師事し、ヴァイオリンを学ぶ。著名な教師、オーケストラや室内楽奏者、国際的なソリストとして活躍。シェフチェンコ・メダル、女王の銀婚式メダル、トロントのヨーク大学の名誉文学博士号、カナダ・カウンシルの芸術賞などを受賞している。1956年、ジュネーブで開催された国際演奏家コンクールでサルヴァトーレ・アッカルドに次ぐ第2位を受賞。また、ロンドンで開催されたカール・フレッシュ国際コンクールでも準優勝している。史上最年少の24歳でロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団のコンサートマスターに就任。その後、コンセルトヘボウ、アムステルダム室内管弦楽団、シカゴ交響楽団、トロント交響楽団のコンサートマスターを歴任した。名教師として知られており、彼の教え子の多くは、世界中の主要なオーケストラ、室内楽団、プロの音楽学校で様々なポジションに就いている。また、アムステルダム音楽院、ノースウェスタン大学、シカゴのアメリカ音楽院でも教えている。オハイオ州のオーバリン大学音楽院では、最年少で正教授となった。バンクーバー・アカデミー・オブ・ミュージックでは弦楽器部門の責任者を務め、ヴィクトリア大学でも教鞭をとった。その他、オタワ大学、西オンタリオ大学、王立音楽院(トロント)、トロント大学などで教鞭をとった。ワシントン大学(シアトル)では、音楽学部の教授としては初となる「Distinguished Teaching Award」を授与された。教え子には、ヴァイオリニストのレニー・ソロモンや作曲家のマーク・サバトなどがいる。また、オバーリン弦楽四重奏団のメンバー、カルテット・カナダの創設メンバー、CBC弦楽四重奏団のリーダー、スタリク=ペリー・デュオ(ピアニストのジョン・ペリーとのデュオ)のメンバーとしても活躍。1982年にモスクワで開催されたチャイコフスキー・コンクールでは、カナダ人初の審査員を務めた。190曲を超える録音を行っており、カナダのクラシック音楽家の中で最も多くの録音を行っている人物である。2007年にはカナダ勲章のオフィサーとなり、2008年には王立音楽院(トロント)のグレン・グールド・スクールから名誉フェローシップを授与された。

"スティーヴン・スターリク"のおすすめCD、MP3をAmazonで購入

"スティーヴン・スターリク"のおすすめYoutubeビデオ

Steven Staryk: Tchaikovsky's Concerto with the RCM Centennial Orch. with Victor Feldbrill Conducting

Steven Staryk: Tchaikovsky's Concerto with the RCM Centennial Orch. with Victor Feldbrill Conducting

Steven Staryk performs Sarasate's Tarantella

Steven Staryk performs Sarasate's Tarantella

Steven Staryk - Sonatas for Solo Violin

Steven Staryk - Sonatas for Solo Violin

Steven Staryk - Every Violinists Guide - track 34 N. Paganini

Steven Staryk - Every Violinists Guide - track 34 N. Paganini

Steven Staryk as Vivaldi - Winter

Steven Staryk as Vivaldi - Winter

Steven Staryk as Vivaldi (Part 1)

Steven Staryk as Vivaldi (Part 1)

Steven Staryk as Vivaldi (Part 2)

Steven Staryk as Vivaldi (Part 2)

おすすめアーティスト

ヴァイオリニスト

A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z