David Yonan (デイヴィッド・ヨナン)

ヴァイオリニスト ドイツ (Germany)

David Yonan (デイヴィッド・ヨナン)。ドイツの男性ヴァイオリニスト。

ベルリン出身。5歳よりヴァイオリンを始め、ベルリンのアブラハム・ジャッフェに師事。ベルリンのハンス・アイスラー音楽大学でヴェルナー・ショルツに師事し、ドイツ・スティフトゥング・ムジークレーベンの奨学金を得て、修士号とソリスト・ディプロマを取得。2000年、DAADドイツ学術交流会の奨学金を得て、ニューヨークのジュリアード音楽院でドロシー・デレイに、シカゴのノースウェスタン大学でローランド&アルミタ・ヴァモス教授に師事した。ルッジェーロ・リッチ(ザルツブルク)、サシュコ・ガヴリロフ(バーデンバーデン)、クリストフ・ポッペン(ベルリン)、アリス・シェーンフェルト(ロサンゼルス)のマスタークラスと個人レッスンを受け、ヴァイオリンの研鑽を積んだ。10歳でベルリン・ユース・コンクールに優勝。11歳でベルリン、モスクワ、サンクトペテルブルクでリサイタルデビューを果たした。翌年、ベルリン交響楽団のソリストとしてベルリン・フィルハーモニー・ホールでデビューし、指揮者ゲルト・アルブレヒトに招かれて「21世紀のヴァイオリニスト」コンサートに出演、その模様はドイツ・ヴェレTVによって全世界にテレビ放映された。ソリストとしてアメリカ、ヨーロッパ、南米をツアーし、ゲルト・アルブレヒト、デヴィッド・ジンマン、ダニエル・ボイコ、フランシスコ・レティグ、シドニー・ハース、イザヤ・ジャクソン、ロバート・ヘイスティ、ディーター・コーバー、ジェームス・マック、ジェイ・フィッシュマン、ハンス・マルティン・ラーベンシュタイン、ルートヴィヒ・デ・リッダー、ヴィクター・プール、マイケル・ゲトラー、コンラッド・バッハ、ファウスト・ナルディ、フランチェスコ・ミリオット、フィリップ・シモンズ、アナトール・ライセンカ、アンドレ・グラビエツなどの著名な指揮者のもと、ベルリン交響楽団、シカゴ室内管弦楽団、フランクフルト交響楽団、アスペン室内交響楽団、バーデンバーデナー・フィル、サンティアゴデチリ交響楽団、ゲッティンガー交響楽団、国際現代アンサンブル、イエナー・フィル、ニュルンベルク交響楽団、テューリンガー交響楽団、ミネソタ・シンフォニア、スコーキー・ヴァレー・シンフォニー、ハイランドパーク・ストリングス、シカゴ交響楽団などと世界中の一流コンサートホールで共演している。1995年には、コンセプチュアル・アーティストのクリストとジャンヌ・クロードがベルリンで行った「包まれたライヒスターク・プロジェクト」で、バッハ、ドビュッシー、タルティーニ、ラヴェル、ヴィエニャフスキの作品を取り上げ、アメリカのピアニスト、アン・マリー・マクダーモットとデビューCDをリリースした。アルヴォ・ペルト、ジョン・アダムス、スティーヴ・ライヒ、アウグスタ・リード・トーマスなど、現代の著名な作曲家たちとコラボレーションを行い、作品を発表している。イリヤ・レヴィンソン、サンドロ・ファゾラーリ、キルステン・ブローベルク、ホルガー・ミュンツァーは彼に作品を捧げている。2001年、著名なヴァイオリン教育者であるドロシー・ディレイの招きで、ニューヨークのジュリアード音楽院で開催された「スターリング・ディレイ・ヴァイオリン・シンポジウム」に若手アーティストとして出演し、イツァーク・パールマンと共演した後、同年のアスペン音楽祭でピアニストのエヴァン・ソロモンとリサイタルデビューを果たしている。その他、メクレンブルク・フォアポンメルン音楽祭、ラインガウ音楽祭、ザイスト音楽祭(オランダ)、ボウディン夏季音楽祭(アメリカ・メイン州)、インターハーモニー国際音楽祭(ドイツ・サンフランシスコ)、モンテシート国際音楽祭(アメリカ・ロサンゼルス)などの音楽祭に出演している。2015年、アメリカのピアニスト、スーザン・メルディンガーとリリースしたCD「Four Centuries」では、2つのグローバルミュージック賞を受賞、ニューヨークのアレクサンダー&ブオーノ国際弦楽コンクール優勝者コンサートではカーネギーホールデビューを飾った。同年、シカゴのノースショア・センター・オブ・ザ・パフォーミング・アーツで、イリヤ・レビンソンがデヴィッド・ヨーナンのために書いたヴァイオリンとオーケストラのための「アッシリア・ラメント」をロバート・ヘイスティ指揮でハイランドパーク・ストリングスと世界初演した。カーネギーホールで行われた2015年アレキサンダー&ブオーノ国際弦楽コンクール・ニューヨークで第1位、1995年ルッジェーロ・リッチ国際コンクール・ベルリンで第1位、クロスター・シューンタル国際バイオリンコンクール・ドイツ1993で優勝している。1995年チリ「ルイス・シガール」ヴィナ・デル・マール国際コンクール銀賞、2005年ドイツ「ソフィー・シャーロット女王」国際コンクール入賞、1995年バーデンバーデン「カール・フレッシュ国際アカデミー」ブラームス賞、1995年リューベック音楽大学ポッシェル賞を受賞している。ノースパーク大学シカゴ校の教授として、NPUチェンバーストリングスを創設・指揮し、シカゴのミッドウェスト・ヤングアーティスト音楽院の教授を務めた後、2010年に、コロンビア大学シカゴ校の弦楽器コーディネーターおよび客員芸術家に就任した。サンフランシスコ州立大学、ノースウェスタン大学シカゴ、ドイツ・ワイマールの「フランツ・リスト」音楽アカデミー、2016年からはロサンゼルスのラ・シエラ大学(米国)の国際モンテシート音楽祭でマスタークラスやゲストレクチャーを行っている。2017年より14シーズン目を迎えるFine Arts Music Society Chicagoと国際FAMSフェスティバルの創設者兼芸術監督、またドイツ・ウッカーマルク国際音楽・文化フェスティバルとDIALOGOS Concerts Berlin Germanyの創設者兼芸術監督を務めている。

"デイヴィッド・ヨナン"のおすすめCD、MP3をAmazonで購入

"デイヴィッド・ヨナン"のおすすめYoutubeビデオ

David Yonan / Claude Debussy, Violin Sonata

David Yonan / Claude Debussy, Violin Sonata

david yonan

david yonan

David Yonan / Johannes Brahms, Violinkonzert

David Yonan / Johannes Brahms, Violinkonzert

David Yonan and Steve Greene- Paganini Caprices with Robert Schumann Accompaniment

David Yonan and Steve Greene- Paganini Caprices with Robert Schumann Accompaniment

Ruggiero Ricci and David Yonan

Ruggiero Ricci and David Yonan

David Yonan performs Gershwin, live in Germany, 2010

David Yonan performs Gershwin, live in Germany, 2010

David Yonan / Arvo Pärt, Fratres

David Yonan / Arvo Pärt, Fratres

david yonan

david yonan

David Yonan / César Franck, Violin Sonata in A Major (3 & 4)

David Yonan / César Franck, Violin Sonata in A Major (3 & 4)

David Yonan / Augusta Read Thomas, Incantations

David Yonan / Augusta Read Thomas, Incantations

David Yonan & Ulugbek Palvanov - Beethoven Violinsonata No. 7, Op 30

David Yonan & Ulugbek Palvanov - Beethoven Violinsonata No. 7, Op 30

コメント

おすすめアーティスト

ヴァイオリニスト

A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z