Ulf Wallin (ウルフ・ヴァリーン)

ヴァイオリニスト スウェーデン (Sweden)

Ulf Wallin (ウルフ・ヴァリーン)。スウェーデンの男性ヴァイオリニスト。

スウェーデンのベクショー生まれ。ストックホルムの王立音楽大学とウィーン国立音楽大学で学んだ。ソリスト、室内楽奏者として活躍。ウィーン国立音楽大学とデトモルト音楽大学で客員研究員を務めた。1996年以来、ハンス・アイスラー大学ベルリンで教授を務めている。ルツェルン・フェスティバル、ベルリン芸術週間、モンドゼーミュージック・デイズ、シュレースヴィヒ・ホルシュタイン音楽祭、マールボロ音楽祭などの国際的に著名なフェスティバルに定期的に参加。ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団、ミラノのスカラ座、シャンゼリゼ劇場、ウィグモアホール、ウィーン楽友協会などの重要な会場で演奏活動を行っている。これまでに数多くの録音をリリースしており、とくに2011年、2012年にロベルト・シューマンのヴァイオリン協奏曲の録音をリリース。フランク・ビアーマンの指揮のケムニッツのロベルト・シューマン・フィルハーモニーと共演してロバートシューマンのヴァイオリン競争交響曲、シューマンのチェロ協奏曲のヴァイオリン版を演奏した。1995年にハンスハインツ・シュニーバーガー以来、史上2人目のヴァイオリニストとしてロベルト・シューマン賞を受賞。2014年にスウェーデン王立音楽アカデミーの会員に選出された。

"ウルフ・ヴァリーン"のおすすめCD、MP3をAmazonで購入

"ウルフ・ヴァリーン"のおすすめYoutubeビデオ

Saint-Saens- Ulf Wallin-triptyque op 136- I mov premise

Saint-Saens- Ulf Wallin-triptyque op 136- I mov premise

saint-saens-ulf wallin-triptyque op 136- Joyeusete.WMV

saint-saens-ulf wallin-triptyque op 136- Joyeusete.WMV

브루흐 바이올린 협주곡 제2번 작품 44

브루흐 바이올린 협주곡 제2번 작품 44

Saint-Saens- Ulf Wallin-triptyque op 136- I mov premise

Saint-Saens- Ulf Wallin-triptyque op 136- I mov premise

saint-saens-ulf wallin-triptyque op 136- Joyeusete.WMV

saint-saens-ulf wallin-triptyque op 136- Joyeusete.WMV

Saint-Saens "Triptyque, op. 136

Saint-Saens "Triptyque, op. 136

おすすめアーティスト

ヴァイオリニスト

A
B
C
D
E
F
G
H
I
J
K
L
M
N
O
P
R
S
T
U
V
W
X
Y
Z